« JJサニー千葉、ハリウッド、俳優を語る | トップページ | Week of 2008/2/16 »

長沼洋七段、初対戦で強敵の羽生を破り準決勝へ!

  1986年に四段に昇段し、NHK杯初出場でいきなりベスト8に勝ち残った注目の長沼洋。強敵の羽生善治との対戦、長沼が一番指したいとした相手。

ごきげん中飛車から向かい飛車、そして位取りと変化した戦い。羽生の66角が高級な手だったが。長沼が37へ桂馬の成り捨てから自陣角で切り返しましたね。羽生は右辺の戦いを放置し、王頭での戦いに向かう大局観で攻めました。迫力ある戦いで時間を使い始めた羽生王座・王将。

最終盤、一手指す毎に頭に手をやり落ち着きを取り戻そうとする長沼。迫真の瀬戸際で81飛車という攻防の手がさされた。大きく盛り返した長沼が番狂わせを演じ大敵を打ち破り準決勝に進出!

 
   

● この一局のビデオクリップ集 → こちら

● 今までのNHK杯戦の将棋終局集は → こちら


NHK杯10年100局にみる勝負を決めた一手

囲碁 将棋 シチズン対局時計(ザ・名人戦棋院)

プロフェッショナル 仕事の流儀 棋士 羽生善治の仕事

|

« JJサニー千葉、ハリウッド、俳優を語る | トップページ | Week of 2008/2/16 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

いやあ~!NHK杯で長沼七段が羽生名人を倒した一局には興奮しましたね~o(`▽´)o!
強敵井上八段、松尾七段を破っての羽生名人との対決だけに、対戦自体とても値打ちあることだと感じました。
特に松尾七段戦では、千日手打開は長沼七段不利と見られる局面から打開し、そして見事勝利!
これに感激し僕たちの仲間では、長沼七段を『男!長沼!』と呼んでました(^o^)!
そして羽生名人とは、同世代という長沼七段ですが、羽生名人は七冠王をはじめ、伝説を次々に築いている不世出の天才棋士!
その羽生名人に長沼七段が初めて対戦とのことで、とても楽しみにしてましたが、ここでも羽生名人の攻めを妙技を駆使して凌いで勝ちきった姿には、本当にシビれましたo(`▽´)o!
『男!長沼!』の神髄を見た感じでした (^o^)!

準決勝で同門の佐藤NHK杯に敗れましたが、解説は師匠の田中魁秀九段で、師弟が揃って本当にあたたかく感じました(*^_^*)。また田中師匠も誇らしげに見えました(*^_^*)。

佐藤NHKに敗れ投了の瞬間、長沼七段は優しい笑みを浮かべましたが、きっと弟弟子には優しさが出たのかな?なんて考えました^^
『男!長沼!』から『仏の長沼!』の顔に見えました(*^_^*)。

以来、長沼七段のファンです(^o^)!

また長沼七段『男!長沼!』の活躍期待したいです(^o^)!

投稿: 妙義 | 2011年8月25日 (木) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/17938310

この記事へのトラックバック一覧です: 長沼洋七段、初対戦で強敵の羽生を破り準決勝へ!:

« JJサニー千葉、ハリウッド、俳優を語る | トップページ | Week of 2008/2/16 »