« 東京マラソンへ | トップページ | なべあつ、三の倍数のあほ、五の倍数の犬 »

近年稀な大とん死の決着、三浦vs佐藤戦、今日のNHK杯将棋

 今日のNHK杯将棋、三浦弘行と佐藤康光の戦い、変形将棋から素晴らしい中終盤が続いていたのですが、なんと最後の決着は、とん死というものでした。

まずは、その決着場面から。


前かがみに考えに考えて1一飛車成りと指してからもまだ戦闘意欲満々の三浦だったのですが。

「あれっ、ええっ?」解説の青野照市が、思わず驚く。6七金を見て、瞬間に詰めよと指摘していた彼が驚くのも無理は無い。

佐藤が、眉間にしわを寄せて一層厳しい表情になり、そして頭に手をやり、意を決して指す。その直前、自ら初めて事の重大さに気づきのけぞった三浦。佐藤が7七角成り。

投了を告げる言葉が、全く聞き取れないうつろな表情。

しっかりと自陣に手を入れておけば、まだ逆に有望だった情勢。思わぬ成り行きに戸惑う佐藤の表情も印象的でした。   A級同士の好カードで、さらに順々決勝という桧舞台での大トン死劇。NHK杯の歴史に残る幕切れでした。

しかしそこに至る二人の差し回し・ねじりあいは、見事。序盤の佐藤の前例の無いような独特の構え、中盤の激しい戦い、さらに押しては引くBig Waveに洗われるような長い混沌とした見事な終盤。

歴史に残る名勝負といって良いと思います。

 次は、あの羽生を打ち破った長沼洋七段との準決勝。これも楽しみですね。   

 

[Ref]  全局クリップビデオ→ココ

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

|

« 東京マラソンへ | トップページ | なべあつ、三の倍数のあほ、五の倍数の犬 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/40155123

この記事へのトラックバック一覧です: 近年稀な大とん死の決着、三浦vs佐藤戦、今日のNHK杯将棋:

« 東京マラソンへ | トップページ | なべあつ、三の倍数のあほ、五の倍数の犬 »