« 台湾総統選、ついに国民党へ政権移動か? | トップページ | 伊藤由奈・徳永英明「Endless Story」、新たな息吹き »

アーサー・C・クラーク氏の未来への夢

Arthur C. Clarkeが、3月19日に亡くなった。90歳だった。 彼の功績は数え切れないほどありますが、何といってもスタンリー・キューブリック監督の映画「2001年宇宙の旅(2001: A Space Odyssey)」の原作者として素晴らしいSF映画を私たちに届けてくれたことだと思います。現代SF界の巨匠として、アシモフ、ハインラインとともに御三家をなし、ノーベル平和賞の呼び声も高かったようです。

Author Arthur C. Clarke, whose science fiction and non-fiction works ranged from the script for "2001: A Space Odyssey" to an early proposal for communications satellites, has died at age 90, associates have said.

慶応義塾大学の巽孝之教授によりますと、1945年の段階で「地球外中継」を予言し以降も電脳空間やインターネット・携帯電話の普及といったことも、驚くような早期から予測していたとのことです。

Clarke and director Stanley Kubrick shared an Academy Award nomination for best adapted screenplay for "2001." The film grew out of Clarke's 1951 short story, "The Sentinel," about an alien transmitter left on the moon that ceases broadcasting when humans arrive. As a Royal Air Force officer during World War II, Clarke took part in the early development of radar. In a paper written for the radio journal "Wireless World" in 1945, he suggested that artificial satellites hovering in a fixed spot above Earth could be used to relay telecommunications signals across the globe. He is widely credited with introducing the idea of the communications satellite, the first of which were launched in the early 1960s. But he never patented the idea, prompting a 1965 essay that he subtitled, "How I Lost a Billion Dollars in My Spare Time."

晩年は、スリランカに在住していたことは初めて知りました。平和を望んでいたとの事ですが、望むだけではなく努力しないと得られないと活動を続けていたのでしょうか。

"I dearly wish to see lasting peace established in Sri Lanka as soon as possible," he said. "But I'm aware that peace cannot just be wished -- it requires a great deal of hard work, courage and persistence."

CNNによると、1998年にナイトの称号を与えられていたようですね。 彼の生涯は閉じられましたが、彼の残した功績は永遠に受け継がれていくのは間違いないですし、彼の作品はいつまでも輝きを放っていくことでしょう。

Clarke was knighted in 1998. He wrote dozens of novels and collections of short stories and more than 30 nonfiction works during his career, and served as a television commentator during several of the Apollo moon missions.

|

« 台湾総統選、ついに国民党へ政権移動か? | トップページ | 伊藤由奈・徳永英明「Endless Story」、新たな息吹き »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/40599271

この記事へのトラックバック一覧です: アーサー・C・クラーク氏の未来への夢:

« 台湾総統選、ついに国民党へ政権移動か? | トップページ | 伊藤由奈・徳永英明「Endless Story」、新たな息吹き »