« 「源氏物語と東アジア世界」...河添 房江 | トップページ | びわ湖毎日マラソン、19-23キロ付近で観戦 »

渡辺明竜王、残念ながら鈴木大介に敗れる、今日のNHK杯将棋

 渡辺明竜王と鈴木大介という、準決勝の戦い。どちらも好調の注目の好カードでした。先手の鈴木が、向い飛車に構えそして両者美濃囲いに。さらに後手の渡辺は穴熊に発展させます。

その過程で、鈴木が仕掛ける場面が見られるかと思っていたのですが、自分も金を三手かけて47から39へ引くという工夫を凝らした差し回し(解説の丸山忠久)を見せました。

そしてその金のいなくなった四筋に飛車を移動させ仕掛けた時の、44歩とあわせたのが好手。

飛車を54に滑り込ませさばきに入りました。この構想が成功。その後も終盤を優位に進めて押し切りました。

 
渡辺は、相手を呼び込む差し回しを見せましたがそれに対して、鈴木が見事にその間合いを計りながら進めた指し方が光ったと思います。渡辺は残念ながら準決勝で敗退。鈴木は二度目のNHK杯優勝を目指します。

●この一局を含んだビデオクリップ

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

|

« 「源氏物語と東アジア世界」...河添 房江 | トップページ | びわ湖毎日マラソン、19-23キロ付近で観戦 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/40337384

この記事へのトラックバック一覧です: 渡辺明竜王、残念ながら鈴木大介に敗れる、今日のNHK杯将棋:

« 「源氏物語と東アジア世界」...河添 房江 | トップページ | びわ湖毎日マラソン、19-23キロ付近で観戦 »