« 「コンピュータ将棋の頭脳」..小谷善行 | トップページ | 「食うものは食われる夜」--蜂飼耳 »

NHK杯将棋決勝戦「佐藤康光vs鈴木大介」佐藤が連覇


角を交換して向い飛車に構えた後手の鈴木大介八段。先手の佐藤棋聖も慎重な駒組みです。

序盤から奇妙な変化というか、難解な戦い。1六角と解説の森内名人の指摘通り歩を狙い打ったのでした。上の局面は、5五銀の進出を抑えるため、5九にいた飛車を2九に戻したところ。

上が投了図です。完走戦では、中終盤でも鈴木は良い勝負だと思っていたようだ。解説の森内は、圧倒的に佐藤が有利としていたのと対照的だったのが印象に残っている。

 

今回生放送というNHK杯の歴史上初の試みだったのですが、あまり面白みが増したとは思えませんでした。なんだか、解説もあまり突っ込んでいないようで(編集できないのでね)。

やっぱりテレビはテレビだしNHKはNHK。お得意のきちんと編集した番組のほうが合っていると思ったのは私だけ?

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

|

« 「コンピュータ将棋の頭脳」..小谷善行 | トップページ | 「食うものは食われる夜」--蜂飼耳 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/40515779

この記事へのトラックバック一覧です: NHK杯将棋決勝戦「佐藤康光vs鈴木大介」佐藤が連覇:

« 「コンピュータ将棋の頭脳」..小谷善行 | トップページ | 「食うものは食われる夜」--蜂飼耳 »