« 習甦無念・波乱無し!  BONANZA、柿木、備後、大槻、奈良が決勝進出、コンピューター将棋二次予選 | トップページ | 執念の逆転勝ち羽生二勝目、第66期名人戦七番勝負第3局 »

アマチュア強豪を連破、コンピューター将棋の激指・棚瀬将棋、歴史的快挙!

 ついに来る時が来たというのが将棋ファンの実感ではないでしょうか? 第18回世界コンピュータ将棋選手権の優勝者(?)激指と準優勝の棚瀬将棋が、エキシビジョンマッチながらアマチュアトップの加藤幸男さん清水上徹さんを連破、歴史的な一歩を見せたといっても過言ではないでしょう。2006年3月8日に、清水上さんは東京・新宿の工学院大で行われた情報処理学会の席上での公開対局で激指に勝っており、また昨年の同世界コンピュータ将棋選手権大会では加藤さんは優勝のYSSとのエキシビジョンマッチで途中温泉気分での勝利を収めています。それらと比較すると、雲泥の差、この進化がどの辺から来たものなのか...

7e474a7f01b9e90bb20f96398df6e1fd 大会前のインタビューで、お二人は以下のように答えています。

★激指(鶴岡さん)

Q.今年の主な改良点は?

A.さらに狭く深く読むように改良した。

Q.その効果は?

A.20手以上読めるようになっていると思うが、良い点と悪い点があるので、何とも言えない。

★棚瀬将棋(棚瀬さん)

Q.今年の主な改良点は?

A.評価関数の評価項目を増やして精度を上げる改良を行った。

Q.その効果は?

A.効果はあったと思うが、拙い点も見つかって、ドーピング(手動改良)も行った。昨年のものよりは強くなったと思う。

 持ち時間15分、以降は30秒の秒読みという人間にはあまり好条件とはいえない対戦ではありますが、指し手の内容も素晴らしく決してフロックではないことを印象付けたと思います。今後、ソフトvsアマチュアトップの対戦をどんどん見せて欲しいものです。ソフト制作者によりますと「まだまだ弱点・穴がある」(激指開発・鶴岡慶雅さん)とのことで、対戦数が増えていくとその穴を衝いていくことも人間側には可能かもしれません。そのような切磋琢磨を期待したいというのが、傍観するファンの心理ではないかと思います。

なお、小谷善行さんによると2007年時点でレーティングを比較するとアマトップが2592でBonanza= 2330-2444、激指=2302-2416だったとしています。今回の戦いぶりから、将棋ソフトのトップクラスも2500台まで力をつけたと言えるかもしれません。

 

 本戦決勝リーグでは、6回戦で棚瀬将棋(先手)と激指(後手)が対戦、終盤のねじりあいの末なんと時間切れの反則で棚瀬将棋が負けたのが、最後まで順位に響いた激戦でした。

下記は、その終局の局面です。


 ここで、不思議に思われる方もいると思いますが、ソフトの場合持ち時間が無くなってきた場合、ほとんど思考時間ゼロでも指せるものです。この辺のからくりはどうも「消費時間は対局サーバーの返した時間によるという規定があり、対局サーバーから送られている消費時間は棚瀬将棋で確かに受け取っていたようですが、棚瀬将棋内部で消費時間の処理のどこかに間違いがあったようです」とのことです。大変残念な原因でしたが、両ソフトがほとんど実力が拮抗していたことを証明したと思います。

 

その他、見所の多い大会でした。三回戦のボナンザ(BONANZA)と柿木将棋は、250手に及ぶ大熱戦。BONANZAが柿木に入王を許したのですが、勝負手を連発し詰み上げました。

激指vs備後将棋は、備後が最終盤激指を追い詰めました。156手目に8六に桂を打てばこの一局を制していたかもしれませんでした。

激指vsYSSでは激指がプロっぽい差し回しを見せ、またYSS vs BONANZAでは、BONANZAが得意の穴熊でつぼに入った戦いを見せました。

 

来年も、この大会の注目度が上がるように期待したいと思っています。

[参考]

大会詳報---詰将棋メモ

「コンピュータ将棋の頭脳」..小谷善行

daichanの小部屋「衝撃」 <片上大輔五段ブログ>

大きな話題と小さな話題 <遠山雄亮四段ブログ>

読売新聞: その名も「激指」…将棋ソフト、人間に勝つ

 将棋ソフトの強さを競う第18回世界コンピュータ将棋選手権(コンピュータ将棋協会主催)が3日から5日まで千葉県木更津市で行われ、「激指(げきさし)」(開発者=鶴岡慶雅氏など)が3度目の優勝を飾った。 Click here to find out more!  大会には国内外の40ソフトが参加していた。  最終日の5日、恒例のソフト対アマトップの公開対局が行われたが、2005年アマ竜王でアマ名人の清水上徹さん(28)が激指に、04年アマ竜王で朝日アマ名人の加藤幸男さん(26)が大会2位の「棚瀬将棋」(開発者=棚瀬寧氏)にそれぞれ完敗した。  プロレベルの実力を持つ現役アマタイトル保持者がコンピューターに敗れるのは初。  鶴岡さんと棚瀬さんは「今回の結果でトップアマを越えたとは思わないが、展開に恵まれた」と声をそろえた。  一方、敗れた清水上さん、加藤さんは「コンピューターの読みが上回っていた」「完敗でした」と悔しさをにじませた。  コンピュータ将棋協会の滝沢武信会長は「持ち時間が各15分とプログラム側に有利なルールではあったが、コンピューター将棋史に残る結果となった」と話した。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

|

« 習甦無念・波乱無し!  BONANZA、柿木、備後、大槻、奈良が決勝進出、コンピューター将棋二次予選 | トップページ | 執念の逆転勝ち羽生二勝目、第66期名人戦七番勝負第3局 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

持ち時間15分の勝負で勝ったと言われてはアマのトップの方も救われませんね・・・。

投稿: 星待人 | 2008年5月 5日 (月) 20時38分

星待人さん、
おっしゃるとおりです。プロでも、コンピューターとの対戦を受けるとしたら持ち時間15分では受けないでしょうね。残念ながら将棋に疎い一般の人から持ち時間の不利な点など考慮されずにセンセーショナルに取り扱われ、本当に不公平だと思います。

その点、お相手のアマのお二人は本当に良く挑戦を受けてくれたと思いますし、その姿勢は賞賛されるべきものです。

ただこの大会を定点観測していますと、コンピューターの実力が大きく伸びたとは正直思います。
その点からも、いつか来る道。
この敗戦を機に、心理的な重荷も下ろして、人間側の巻き返しを大いに期待していますし、その可能性は技術的にも十分ありえると思っています。

投稿: rtf | 2008年5月 6日 (火) 00時51分

棚瀬将棋-加藤戦には感動しました。飛車の転回から角の打ちこみは理屈じゃなくカッコ良かったです。それと、棚瀬さんが自分で指したわけじゃないのに感想戦で加藤さんに意見してたのが笑えました。棚瀬将棋-激指は熱戦だっただけに白ける結末でしたね。激指チームが『ヒカルの碁』の越智みたいに勝利を返上して再戦を提言したら株が上がったのではないでしょうか。僕は激指ではなく棚瀬将棋を買うことにします。

投稿: だいすけべ | 2008年5月 6日 (火) 02時30分

だいすけべさん

棚瀬将棋が、角を放ったときの加藤さんの3五銀が疑問だったのでしょうね。渡辺竜王か誰かプロが解説してくれるといいですね。
本当に華麗な攻めが素晴らしかったですね。棚瀬将棋と株が上がった一戦だったと思います。

投稿: rtf | 2008年5月 6日 (火) 15時19分

と、ふと思って渡辺竜王のブログを見ましたら、すでに記事になっていました。ただ、手の解説がほとんどなし。仕方ないので、コメントを残しました。

以下転載します......

" ということは、棚瀬定跡でしょうか? " (rtf)

2008-05-06 15:36:26

加藤戦での50手までは良くある局面だということですが、その後の手順はほぼ必然のような気がします。
ということは、コンピューターが定跡を作ったということになるのでしょうか?
どの手が敗着か、知りたいです。3五銀が、飛車筋の貫通を残して疑問だったと思っているのですが、いかがでしょうか? ただ他の手で受けても飛車を取られる流れで、後手が苦労しそうと見ています。

宜しければ、お考えを...

投稿: rtf | 2008年5月 6日 (火) 15時42分

渡辺竜王の記事は、こちらです。

http://blog.goo.ne.jp/kishi-akira/e/89b0ea3e7d4383d30c01f275bee4edb5

投稿: rtf | 2008年5月 6日 (火) 15時47分

3五銀の代わりに5四角とかではダメなんですかね?8三銀~7二角成を防ぎつつ4三の金にひもをつけて良い手に見えるんですが...

投稿: だいすけべ | 2008年5月 6日 (火) 16時17分

5四角は5五銀で潰されるみたいです。では6三角ならどうなるんですかね。

投稿: だいすけべ | 2008年5月 6日 (火) 17時29分

詳細は改めて書いてみたいが、アマトップが15分切れ30秒とは言え、破れるとはショックですね。どちらかと言うと、早指しに超慣れているネット早指しの超強豪の方が、勝てたかも知れませんね。それでもソフトの思考・筋は異筋だけに、やはり戸惑うところは有るかもしれません。負けたら言い訳しにくいですが、筋の良いトップアマでなく、ベテランや癖のある方のトップアマなら余せるのかも。すみません、弱いのが、いい加減な事言って。

投稿: ケトルシステム | 2008年5月 6日 (火) 21時20分

なんと、あきらさんから返答がありました。以下転記します。

--------------------------------------------------
こんにちは。 (あきら)

2008-05-06 16:13:07

棚瀬将棋は正確には東大将棋の改良版ではなく、東大将棋開発チームのリーダーだった棚瀬氏が一から作ったプログラムですので別物といえるんじゃないですかね。
>そうなんですか!それは知りませんでした

加藤アマ戦ですが、銀交換になったところは先手が良さそうですね。△3五銀以外の手でも飛が取れるので先手ペースと言えます。
変化するとしたら△3三歩に代えて△5四角くらいですかね。
-------------------------------------------------

竜王あきらさんご本人から回答いただけるなんて、感激しますね。こういうツーウエイコミュニケーションが成り立つのがブログの良いところですね。

以下のように、お礼のコメントをさせていただくつもりです。

--------------------------------------------------

あきらさん、ご回答いただきありがとうございます。恐縮しています。
△3三歩に対して▲4六飛と回った局面が、後手にとって相当危機の場面だという認識をコンピューターが読みきっていたとしたらすごいですね。
それを防ぐために持ち角を手放さざるを得ないとしたら、この決断は大変です。実戦では、ほとんど打てないのではないかと思います。(特に短い持ち時間の場合)
もし加藤さんが、△5四角を打っていたとしたら、その意味を理解できる人は、プロでもほんのごく一握りの人のように思えます。(って言い過ぎかな?)
今年の森内名人と羽生挑戦者の名人戦も、アマチュアには解説がない限りほとんど意味不明の世界に入っているような感じで悲しいのですが、そのような意味不明(あくまでもアマから見てですが)の手を求めるとしたら棚瀬将棋って、すごいですね。 かなり感心しています。
笑い事じゃないですね。(笑)
-------------------------------------------------

投稿: rtf | 2008年5月 6日 (火) 21時31分

ケトルシステムさん、

今の時点で、トップクラスのコンピューター将棋に勝てるか互角に戦える人間は、世の中に500人もいないようですので、ケトルシステムさんもrtfも同じ弱者です。気楽に言いたい放題しましょう。

トップアマとはいえ、加藤さん・清水上さんは別格クラスですからたちが悪いですね。彼らは、30秒将棋でもほとんど実力は落ちないと思います。ですのでとてもショッキングに思えます。

ベテランや癖のある方のトップアマのほうが...というご指摘、実は同感です。 ただ以前ほど、コンピューターも勘を狂わされないと思いますが、製作者が「穴がある」と言っているほころびが、見えてくるかもしれませんからね。

対局数が増えたほうが良いと指摘させていただいたのも、この考えからです。あのBONANZAも意外とあっけない負け方を見せたりしましたので...

しかし、あれこれ考えさせ、話題を提供してくれますね。 

投稿: rtf | 2008年5月 6日 (火) 21時51分

記録のため、棚瀬将棋vs加藤幸男戦、激指vs清水上徹戦の棋譜を掲載しておきます。

開始日時:2008/05/05(月) 16:58:53
終了日時:2008/05/05(月) 17:35:23
先手:棚瀬将棋
後手:加藤幸男

▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金
▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩 ▲2六飛 △7二銀
▲3八銀 △6四歩 ▲7六歩 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛
▲8七歩 △8二飛 ▲5八玉 △6三銀 ▲3六歩 △3四歩
▲3五歩 △同 歩 ▲3七銀 △5四銀 ▲4六銀 △4四角
▲3八金 △2二銀 ▲3四歩 △4二玉 ▲3七桂 △5二金
▲4四角 △同 歩 ▲3五銀 △4三銀 ▲7七桂 △3三歩
▲4六飛 △3四歩 ▲4四銀 △3三銀 ▲4三銀成 △同金左
▲6一角 △3五銀 ▲5二角成 △同 飛 ▲3一銀 △3二玉
▲2二金 △同 銀 ▲同銀成 △同 玉 ▲4三飛成 △4二金
▲3四龍 △3三金 ▲3五龍 △3四銀 ▲同 龍 △同 金
▲4三銀 △3六歩 ▲5二銀不成△3七歩成 ▲3二金 △同 玉
▲4三銀打 △3三玉 ▲3二飛
まで75手で先手の勝ち

開始日時:2008/05/05(月) 17:38:44
終了日時:2008/05/05(月) 18:30:12
先手:清水上徹
後手:激指

▲7六歩 △8四歩 ▲6六歩 △3四歩 ▲6八飛 △6二銀
▲1六歩 △4二玉 ▲7八銀 △3二玉 ▲3八銀 △5四歩
▲6七銀 △5二金右 ▲5八金左 △5三銀 ▲4六歩 △7四歩
▲4八玉 △7二飛 ▲3九玉 △7五歩 ▲同 歩 △6四銀
▲7八飛 △7五銀 ▲7六歩 △6四銀 ▲1五歩 △3三角
▲3六歩 △5三銀 ▲3七桂 △4四歩 ▲4七金 △2二玉
▲6五歩 △3二銀 ▲2八玉 △8五歩 ▲7五歩 △4三金
▲6六銀 △8二飛 ▲7六飛 △6四歩 ▲7四歩 △8三飛
▲7七桂 △6五歩 ▲同 桂 △6四銀 ▲2五桂 △4二角
▲4五歩 △2四歩 ▲4四歩 △同 金 ▲7三歩成 △同 桂
▲7五銀 △6六歩 ▲7三桂成 △7五銀 ▲8三成桂 △7六銀
▲6六角 △5五銀 ▲同 角 △同 歩 ▲7四飛 △6四飛
▲7六飛 △2五歩 ▲7三飛成 △6九飛成 ▲5八銀 △9九龍
▲4五歩 △同 金 ▲4三銀 △4八歩 ▲同金引 △2四桂
▲3七銀 △3六桂 ▲同 銀 △同 金 ▲3七歩 △2七金
▲同 玉 △2六香 ▲1七玉 △2七銀 ▲3二銀成 △同 金
▲2三歩 △同 金 ▲3二金 △1二玉
まで100手で後手の勝ち

投稿: rtf | 2008年5月 6日 (火) 21時54分

失礼します。エキジビジョンの棋譜サラッと並べた感想では、別格のプロと比しても遜色ない二人は、不出来の時でも高水準と思われる。対し、トップのソフトは、MAXは驚異的だが、不出来の時は、並みの三段くらいかな。という勝手な推測。

いずれにせよ、トップのソフトの現状は、進化し、想像以上ですね。レベル驚異的に高かった。それだけに、逆にケトルシステムなんか、ぶつけてみたいですね。笑。失礼しました。

投稿: ケトルシステム | 2008年5月 7日 (水) 22時23分

やはり△3五銀はひどい手でしたね。おそらく魔が差したのでしょう。あれこれ研究してみたら△5四角と打って▲5五銀には△7二角と引いて▲5二角成△同玉▲6二金△同玉▲4三飛成△4二金としておけば苦しいながらもまだ戦えたと思います。

投稿: だいすけべ | 2008年5月 8日 (木) 03時31分

ちなみに△6三角や△6三銀では▲7一銀△8四飛▲6ニ銀成となってツブレです。△5四角なら▲6二銀成の時に△同金と取れます。

投稿: だいすけべ | 2008年5月 8日 (木) 08時47分

ケトルシステムさん

以前のソフトでは、相手の出方によって思わぬ負け方をしてくれたりしたものですが、最近のはそんな可愛げもないですからね。
ただ手当たりしだい、みんなでソフトの弱点を探しあうのも面白いかも知れませんね。

投稿: rtf | 2008年5月 8日 (木) 22時51分

だいすけべさん

▲4三飛成△4二金の局面以降の変化が、どうなのかrtfも研究してみます。

ところで▲5五銀に△7二角で▲同角成りとしたら、以降どういう変化になりますか?

投稿: rtf | 2008年5月 9日 (金) 06時13分

▲7二同角成△同飛の局面では銀を手放してるのですぐに▲6一角は無いと思います。おそらく▲2五桂△4五歩▲同飛△4四歩▲3三桂成△同桂▲4六飛△4五桂となるのではないかと思うのですが、どうでしょうか?▲2五桂に対して銀が逃げると▲4四銀から潰されそうですね。あと△4五歩に▲同飛とせずに▲3三桂成~▲6六飛と回るかもしれません。▲2六飛と回ってきたら△1四角と打って△4六桂を狙う手もあると思います。

投稿: だいすけべ | 2008年5月 9日 (金) 19時15分

追記(△1四角の変化) ▲2五桂△4五歩▲3三桂成△同桂▲2六飛△1四角▲6八玉△3六銀▲4八銀△3五桂▲8三角△8ニ飛▲5六角成△2七桂成▲同金△2五銀▲同飛△同角

投稿: だいすけべ | 2008年5月 9日 (金) 23時07分

追記の手順中▲8三角に代えて▲6九角なら△4六歩▲同歩△4七歩▲5九銀△2七桂成▲同金△2五銀▲同飛△同角でどうでしょうか?

投稿: だいすけべ | 2008年5月10日 (土) 00時47分

▲5五銀△7二角▲5二角成△同玉▲6二金△同玉▲4三飛成△4二金は、以下▲4六龍と引いて、次の▲2二歩が残っていますので、後手は△4三歩と打つと思います。
確かに本譜よりも優っていると思いますが、後手が勝つのは容易ではないと思いますね。
 

投稿: rtf | 2008年5月10日 (土) 17時22分

▲5五銀△7二角▲7二同角成△同飛▲6一角△8二飛▲6四銀△4四歩▲6五桂△6三歩▲7三桂成△同桂▲同銀成が、ひとつの変化でしょうか..
7三を守るために△6三歩に代えて△6二銀が正着かもしれません。
▲6一角に対して△6二飛なら▲8三角成りともたれて指す。

どうでしょうか?

投稿: rtf | 2008年5月10日 (土) 17時37分

△7二角▲5二角成△同玉▲6二金△同玉▲4三飛成△4二金▲4六竜には△4三歩とはせずに△2七角打ちとすると思います。以下▲同金なら△同角成が詰めろになるので▲3九歩△3六角成▲6六竜△2六銀▲6四銀△3七銀成となりそうです。△7二角▲同角成△同飛▲6一角の変化はあまり読んでませんでした。意外に受け切るのは容易ではなさそうです。こうなると専門誌のほうで▲6一角の局面からどうすれば良かったのか解説して欲しいですね。苦しい局面から耐えに耐えて盛り返すのも将棋の醍醐味だと思うのです。

投稿: だいすけべ | 2008年5月10日 (土) 19時38分

△2七角打ちですか、なるほど、良い手ですね。

考えましたが、以下の▲3九歩△3六角成▲6六竜△2六銀まではご指摘のとおりとして、次は▲6四龍と王手をかけてみます。もし△6三歩と受けたら、▲6六龍と引いておきます。その後△3七銀成と来ましたら、▲2六金と打ってどうでしょう?
同馬とは取れないので、先手が受けきれるかなぁ?

この将棋、変化がいくらでもありそうで、考えているだけで楽しいですね。

投稿: rtf | 2008年5月10日 (土) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/41100668

この記事へのトラックバック一覧です: アマチュア強豪を連破、コンピューター将棋の激指・棚瀬将棋、歴史的快挙!:

» 人工頭脳対人間頭脳 [Pandora's box]
その名も「激指」…将棋ソフト、人間に勝つ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080505-00000021-yom-soci 第18回コンピュータ将棋選手権で優勝・準優勝したソフトが人間代表のアマチュアトップに挑戦するという企画でアマチュアが揃って敗れるというハプニングがありまし..... [続きを読む]

受信: 2008年5月 6日 (火) 23時00分

» 将棋ソフトがアマ最高峰に勝つ! [りゅうちゃんミストラル]
将棋の世界でソフトがアマチュア名人に勝った。人間の頭脳、ついに敗れる…将棋ソフト、アマ名人下す(asahi.com)   アマチュア名人に勝ったのは「激指」と「棚瀬将棋」。負けたのは朝日アマ名人の加藤幸男氏と清水上徹氏。両者とも、プロ棋士に勝つ実力の持ち主。例...... [続きを読む]

受信: 2008年5月 7日 (水) 05時58分

» 将棋ソフトがアマチュアトップに2連勝! 〜第18回世界コンピュータ将棋選手権エキジビションマッチ [kuroumaのブログ]
5月5日に行なわれた世界コンピュータ将棋選手権は,激戦の末,激指が優勝。準優勝は棚瀬将棋・3位はBonanzaとなり,この3ソフトが来期のシード権を得ることになった。 衝撃的だったのは,エキジビションマッチで優勝及び準優勝ソフトがアマチュアトップの加藤幸男さんと清水上徹さんの2人と対局し,将棋ソフトが2連勝したことだ。 ... [続きを読む]

受信: 2008年5月 7日 (水) 08時14分

« 習甦無念・波乱無し!  BONANZA、柿木、備後、大槻、奈良が決勝進出、コンピューター将棋二次予選 | トップページ | 執念の逆転勝ち羽生二勝目、第66期名人戦七番勝負第3局 »