« 第66期名人戦第四局(一日目) | トップページ | 琴欧洲が悲願の初優勝、欧州に錦を飾る »

第66期名人戦第四局(二日目)、羽生が名人奪取へ王手

やはり、二人の世界に入った将棋だった。序盤で見せた森内の積極的な動き。金で中央の制圧から自陣角を放ち優位な戦いを目指す。対して羽生も、細かな対応で仕掛けを許さない構えで待ち受ける。

その後、森内の角は細かく動き戦いに入る最善形を目指す。そしてついに△3五歩と仕掛けたのが、攻め急ぎだったとは大変皮肉な結果だった。ここではさらに手待ちを続けるべきだったとは。

さらに進んで、森内の角が3七に成りこんだ時の4八銀と力強く受けたのが二筋からの確実な攻めを背景にした大局観の優れた応手だった。さらに2七飛車と馬に当てたのも、飛車を取られた時の馬の位置を変える巧妙な手で戦いの流れを確かなものにした。

これで、羽生の三連勝。追い詰めた勢いで一気に決めるのか、それとも森内の巻き返しが見られるのか。次の局も不思議な戦いになるはずです。

(二日目の棋譜)
△6四歩▲5六歩 △7二玉 ▲5七銀 △6五歩 ▲3六歩 △8二角 ▲1八香 △1四歩
▲1六歩 △7三角 ▲7九玉 △6二銀 ▲2六飛 △6三銀 ▲4八金 △8四角
▲2八飛 △7三桂 ▲5八金 △7五角 ▲3七桂 △6四角 ▲2九飛 △3五歩
▲同 歩 △6六歩 ▲4五桂 △4四銀 ▲2四歩 △4五銀 ▲同 歩 △6七歩成
▲同金右 △7五桂 ▲6六金 △3七角成 ▲4八銀打 △4六歩 ▲同銀直 △3八馬
▲2六飛 △6五桂 ▲2三歩成 △5七桂成 ▲同銀上 △2五歩 ▲同 飛 △4七馬
▲2七飛 △3六馬 ▲3二と △2七馬 ▲4二と △6二金 ▲5一角 △1九飛
▲8八玉 △1八飛成 ▲8五桂 △4九馬 ▲6二角成 △同 玉 ▲7三金
まで95手で先手の勝ち

[渡辺竜王の感想]

|

« 第66期名人戦第四局(一日目) | トップページ | 琴欧洲が悲願の初優勝、欧州に錦を飾る »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/41280878

この記事へのトラックバック一覧です: 第66期名人戦第四局(二日目)、羽生が名人奪取へ王手:

« 第66期名人戦第四局(一日目) | トップページ | 琴欧洲が悲願の初優勝、欧州に錦を飾る »