« 笑犬楼大通り「偽文士日碌」オープン by 筒井康隆 | トップページ | 「ふるさとへの手紙」 by 綿矢りささん »

NHK杯将棋 石田和雄 vs 北浜健介 (加藤一二三)

この対戦なんといっても楽しみにしていた見所は二つ、久々に登場してきたベテランの石田和雄九段と加藤一二三先生の解説でした。

予選から勝ち抜いてきた石田先生は、内容も充実しているようで石田流という軽快な捌きの指し方が冴え渡っています。ベテランで、一番輝いていた時期は遠く過去に過ぎ去っていますが、リバイバルが新鮮な今、新風を感じさせる指し手を期待していました。

また加藤一二三先生は、rtfが小学生の時に初めて買った棋書が加藤一二三さんの「初段を目指す将棋シリーズ 矢倉の闘い」(大泉書店)というタイトルだったと記憶しています。はじめて将棋の定跡を読みその一手の違いにより変化手順に至る千変万化の広がりに驚愕したものでした。それと加藤先生の将棋に対する愛情が解説の端々に感じられその魅力に引き込まれました。

この将棋は、内容も素晴らしく二人のベテランの先生の今でも一流の強さが光っていました。残念ながら実力者の北浜健介を下すことは出来なかったのですが、最終盤に勝ちにつながる変化があったことが判明しました。秒読みに追われなかったら発見していたかもしれません。

下のビデオは、その感想戦の様子です。迫力あるやりとりは、バイタリティがすごく若手にも見習う点が多くあると思います。(ある筋では、棋界の人気者ナンバーワンに一二三先生が選ばれています) 北浜さんは次もがんばってほしいですね。

 

|

« 笑犬楼大通り「偽文士日碌」オープン by 筒井康隆 | トップページ | 「ふるさとへの手紙」 by 綿矢りささん »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/41618656

この記事へのトラックバック一覧です: NHK杯将棋 石田和雄 vs 北浜健介 (加藤一二三):

» レゲ [玉手箱]
騙されちゃった… [続きを読む]

受信: 2008年6月29日 (日) 00時26分

« 笑犬楼大通り「偽文士日碌」オープン by 筒井康隆 | トップページ | 「ふるさとへの手紙」 by 綿矢りささん »