« Gigabeat v41, ワンセグライフへ | トップページ | 橋下知事 vs 江川紹子 第二陣 »

森内名人、押し切り2勝3敗 第66期将棋名人戦

Tky200806060261_2 注目の第五局、先手の森内俊之名人(37)が挑戦者の羽生善治二冠(37)に109手までで勝ち、対戦成績を2勝3敗としました。
中盤からの意欲的な指し回しでリードを奪った名人がそのまま押し切り、カド番をしのいで逆転防衛に望みをつなぎました。
解説のお二人鈴木大介八段・屋敷伸之九段が言うとおり、棋譜を並べてみて実感しましたが森内名人が自分らしい将棋を貫き通し、悪くならないように微差を保って押し切った会心局でした。羽生挑戦者も最善を尽くした応対でした。

このシリーズ常に序盤から積極的に動いている森内名人ですが、本局も同様でした。それが急ぎすぎになるか正しくリードを保つことになるかその岐路は微妙なところ、対局者以外には結果論でしかわからないものの、二人の表情を見てみると、シリーズの流れとして劣勢だった森内名人がかなり盛り返したと思えました。

内容的に一番印象的だったのは、中盤の忙しい時に突いた53手目の▲1五歩。結局この端攻めはその後展開はしなかったのですが、最後まで先手の歩が残り後手に圧力を掛け続けたのではないかと思いました。

将棋は、理論的な探求にむいているゲームですが勝敗を決めるのは心理的な要素が大きく左右してしまう不思議なもの。第三局で歴史的な逆転劇を喫した名人が、この勝利で得たものの大きさは計り知れないでしょう。
これで、次の対局は、さらにファン注目の一戦、目が離せない大きな対決です。さらに、会場となる天童ホテルの意気込みも嬉しい。是非素晴らしい舞台で素晴らしい将棋を期待したいですね。

 将棋の第66期名人戦七番勝負(主催・毎日新聞社、朝日新聞社、日本将棋連盟、協賛・大和証券グループ)第6局が、16、17の両日、天童市鎌田本町2の天童ホテルで開かれる予定だ。天童市での名人戦開催は4年ぶり、天童ホテルでは初。森内俊之名人に羽生善治王将が挑む。将棋界最高の伝統と権威を誇る名人戦にホテルや関係者は意気込んでいる。

 天童ホテルの押野宏社長(64)は「子供のころから将棋ファン。将棋タイトル戦で最も格式の高い名人戦の会場は夢だった」と張り切る。ホテルは、これまで棋聖戦を迎えたことはあるが、名人戦は初めて。押野社長は天童市で毎年開かれる全国中学生選抜将棋選手権大会の実行委員長を務めた経験もある。

 対局に使う将棋盤はホテル所有のカヤ製の七寸盤。棋聖戦などで使ってきたが、今回の対局を前に近くの将棋品製造の老舗「武内王将堂」に、表面を削るなどの修理を委ねた。

 修理を手がけた武内昭博社長(65)は「表面を皮一枚分を削り、そのため木の香りが漂うようになった。表面も硬すぎず、駒音がシュッと沈む」と名人戦にふさわしいと太鼓判を押す。

 駒は県将棋駒協同組合会員の製品を使う。事務局が組合員から希望を募り、駒を絞り込んだうえ、両雄が対局前日に数組の中から選ぶ段取りだ。

 名人戦は第4局までを終え、羽生王将が3勝1敗で森内名人に王手をかけている。5、6両日の第5局で森内名人が勝てば天童開催となるが、羽生王将が勝つと名人奪取が決まり、天童開催は流れる。関係者は対局の準備を進めるとともに、第5局の行方をかたずをのんで見守っている。

 天童ホテルは、1911年開業の老舗温泉旅館。10階建て、部屋数114室は天童温泉で最大規模。名人戦は9階エグゼクティブフロアの和室で行われる。

先手:森内 俊之名人
後手:羽生 善治二冠
開始日時:2008/06/05 9:00
終了日時:2008/06/06 20:34
棋戦:第66期七番勝負第5局
持ち時間:9時間
消費時間:109▲518△533

▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金 ▲2四歩 △同 歩
▲同 飛 △2三歩 ▲2八飛 △3四歩 ▲3八銀 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛
▲8七歩 △8四飛 ▲2七銀 △9四歩 ▲9六歩 △4一玉 ▲3六銀 △3三角
▲7六歩 △2二銀 ▲1六歩 △1四歩 ▲5八金 △6二銀 ▲6九玉 △5二金
▲6六歩 △5四歩 ▲6八銀 △5三銀 ▲6七金右 △4四歩 ▲5六歩 △7四歩
▲6五歩 △5一角 ▲5五歩 △同 歩 ▲同 角 △7三角 ▲6六角 △8二飛
▲7五歩 △同 歩 ▲7四歩 △8四角 ▲1五歩 △同 歩 ▲5五角 △6四歩
▲同 歩 △9二飛 ▲7三歩成 △同 角 ▲1三歩 △6四角 ▲5八飛 △5五角
▲同 飛 △6六歩 ▲同 金 △3九角 ▲6七歩 △8八歩 ▲同 金 △6四銀
▲5四飛 △6二飛 ▲7一角 △7二飛 ▲5三歩 △6三金 ▲5二歩成 △同 飛
▲同飛成 △同 玉 ▲5九飛 △6一玉 ▲3九飛 △7一玉 ▲4一角 △6二金
▲3二角成 △5七歩 ▲5九歩 △6五歩 ▲同 金 △7六角 ▲6四金 △3二角
▲6三銀 △同 金 ▲同 金 △8二玉 ▲7四金 △9二角 ▲8四金 △6五角右
▲7七桂 △8七角成 ▲同 金 △同角成 ▲7八歩
まで109手で先手の勝ち

|

« Gigabeat v41, ワンセグライフへ | トップページ | 橋下知事 vs 江川紹子 第二陣 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/41449312

この記事へのトラックバック一覧です: 森内名人、押し切り2勝3敗 第66期将棋名人戦:

« Gigabeat v41, ワンセグライフへ | トップページ | 橋下知事 vs 江川紹子 第二陣 »