« [Now フィーリング] いきものがかり、SAKURA | トップページ | NHK杯将棋 中座真 vs 島朗 »

第2回朝日杯将棋オープン戦、プロ・アマ戦を棋譜中継

第2回朝日杯将棋オープン戦、プロ・アマ戦を中継

午前の対戦は、アマの2勝3敗でした。清水上さんと加藤さんはの勝利でしたがお二人はいずれもコンピューター将棋との戦いで今春敗れています。加藤さんが勝った対戦者の金井恒太四段は、NHK杯で素晴らしい戦いを見せた若手の実力者。そんな彼を破ったのですから三段論法でいくと、コンピューター将棋の実力は若手プロ並みになってきているのか?

×戸辺 誠四段-○清水上徹アマ (棋譜)
×金井恒太四段-○加藤幸男アマ(棋譜)
○伊藤真吾四段-×秋山太郎アマ(棋譜)
○及川拓馬四段-×芹田 修アマ(棋譜)
○村田顕弘四段-×中野勇太アマ (棋譜)

午後の対戦も注目していきます。

○中村太地四段-×吉田陵平アマ (棋譜)
○佐藤天彦四段-×金内辰明アマ (棋譜)
○田中悠一四段-×鈴木 睦アマ (棋譜)
×豊島将之四段-○中川俊一アマ (棋譜)
○稲葉 陽四段-×中野博文アマ (棋譜)

注目の佐藤天彦四段-金内辰明アマは、41手目まで朝日アマ三番勝負第3局▲加藤名人−△金内挑戦者戦と同じ進行でした。矢倉の戦いですが、激しい変化に入っていきます。両者とも気合の入った熱戦でしたが、的確なタイミングで端攻めで攻略した佐藤が優位を築きます。稚内在住の金内、応援していたのですが、必死のくいつきも奏功せず敗戦となりました。しかし将来の名人候補の佐藤に挑んだ一戦、見ごたえがありました。

全10局の結果ですが、例年と同じアマの三勝七敗で終わりました。素晴らしい熱戦、堪能させていただきました。

-三手・五手・七手詰め
-将棋NENKAN 棋譜Data2007

[佐藤天彦四段プロフィール] 佐藤天四段は1988年1月生まれ、福岡県福岡市出身。中田功七段門下です。98年9月に奨励会入会し、2006年10月四段昇段。2005年に瀬川晶司さん(当時アマチュア)のプロ編入試験第1局の試験官を務めたことで知られています(結果は佐藤勝ち)。08年9月に第39回新人王戦で棋戦初優勝。居飛車党で矢倉を得意にしています。2008年度の成績は33勝14敗/通算成績は67勝31敗/通算勝率0.684。

|

« [Now フィーリング] いきものがかり、SAKURA | トップページ | NHK杯将棋 中座真 vs 島朗 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/41810870

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回朝日杯将棋オープン戦、プロ・アマ戦を棋譜中継:

» 【千日手】大和証券杯ネット将棋総合スレ Part63 郷田真隆九段vs阿久津主税六段【不成立】 [したらば掲示板限定シリーズ三部作雑記]
本将棋は、はさみ将棋とは違って膠着することが少ない。 チェスにおいてはレベルの高い対戦者同士程、引き分けが多くなっていく。 プロの将棋においても引き分けなどは千局に一局あるかどうかの確率である。 現役棋士 通算成績 2008年7月11日対局分まで 棋士名 対局...... [続きを読む]

受信: 2008年7月14日 (月) 01時32分

« [Now フィーリング] いきものがかり、SAKURA | トップページ | NHK杯将棋 中座真 vs 島朗 »