« 金メダル逃す、クロアチアのブランカ・ブラシッチ | トップページ | 明日は、琵琶湖ジョギングコンサート、今期初の大会参加 »

NHK杯将棋、長沼洋 vs 佐々木慎

先手長沼洋七段と佐々木慎五段の対戦、出足の手順が面白かった。▲2六歩 △3四歩 ▲7六歩 △5四歩 ▲2五歩 △5二飛▲4八銀 △5五歩 ▲6八金 △3三角 ▲6九玉 △6二玉▲3六歩 △4二銀 ▲3七銀 △5三銀 ▲4六銀 △4四銀....

長沼七段の▲6八金が工夫の一手で、後手からのゴキゲン中飛車の急戦の変化に対応しているようだ。このような備えからか、両者とも持久戦模様の将棋になっていった。そして結局相穴熊の囲いに進んでいった。

このNHK杯将棋で前期長沼洋七段は羽生善治を破るという大金星をあげその勢いに乗ってベスト4まで勝ち上がっている。その見事な指しまわしは迫力を感じさせ関西将棋の魅力を伝えていた。一方、佐々木慎五段の前期対高崎一生戦も実は穴熊囲い。どうも佐々木五段は、穴熊のスペシャリストのようなのだ。

中盤戦に入って、手詰まり状態に陥った二人の戦い、結局先手の長沼が打開を図ったのだが、その後の佐々木の対応が素晴らしく優位を築き終盤に突入、その後長沼はさすがの粘りで決め手を与えない。相手が穴熊のスペシャリストの佐々木ではなかったら逆転の可能性もあったかもしれないが、そのまま押し切って佐々木の勝利となった。長沼七段は前期の活躍の再現が出来ず一回戦の敗退となったが、二人の見事な応酬で穴熊の戦い方を堪能できる一戦となった。

NHK杯将棋 長沼洋 vs 佐々木慎 (1)
NHK杯将棋 長沼洋 vs 佐々木慎 (1)

NHK杯将棋 長沼洋 vs 佐々木慎 (2)
NHK杯将棋 長沼洋 vs 佐々木慎 (2)

NHK杯将棋 長沼洋 vs 佐々木慎 (4)
NHK杯将棋 長沼洋 vs 佐々木慎 (4)

NHK杯将棋 長沼洋 vs 佐々木慎 (5)
NHK杯将棋 長沼洋 vs 佐々木慎 (5)



|

« 金メダル逃す、クロアチアのブランカ・ブラシッチ | トップページ | 明日は、琵琶湖ジョギングコンサート、今期初の大会参加 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金メダル逃す、クロアチアのブランカ・ブラシッチ | トップページ | 明日は、琵琶湖ジョギングコンサート、今期初の大会参加 »