« 九十九里浜は、やはり一味違う浜だった | トップページ | 四年ぶりに、ゴルフラウンド@大多喜城カントリークラブ »

雌雄を決する第六戦、ついに竜王戦の鶴ヶ峰に

ついに竜王戦第六戦が始まります。後手番の渡辺竜王が、今シリーズの矢倉中心の戦いを選ぶのかまたは違った戦いに持ち込むのか、その選択が注目されます。

rtfの予想では、100%矢倉の戦いになると見ています。今回は二人とも盤上で矢倉で決着をつけるのだという会話を続けているように思え、そこからは二人とも逃げないで正面から受け止めると思えるからです。
 
このあたり勝負師の意地の張り合いというかこだわりがあるはずで、ひるむ二人では無いと思えます。rtfとしても二人の神経を研ぎ澄ませた矢倉を見たい心境です。
タイトル戦で矢倉の全面対決で盛り上がったのは、過去に中原誠vs加藤一二三や中原誠vs米長邦雄といった対戦が記憶に残りそして歴史に刻まれています。
今回の二人のタイトル戦、間違いなく歴史的なタイトル戦になるはず、注目していきましょう。

|

« 九十九里浜は、やはり一味違う浜だった | トップページ | 四年ぶりに、ゴルフラウンド@大多喜城カントリークラブ »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/43376916

この記事へのトラックバック一覧です: 雌雄を決する第六戦、ついに竜王戦の鶴ヶ峰に:

« 九十九里浜は、やはり一味違う浜だった | トップページ | 四年ぶりに、ゴルフラウンド@大多喜城カントリークラブ »