« 綿矢りささん、アジア文学フォーラム参加と新作「しょうがの味は熱い」発表 | トップページ | 韓国味工房赤坂 EIKO様、ごちそうさまでした! »

NHK杯将棋 佐藤康光 vs 金井恒太、最強の受けで金井の強攻を抑える

 今トーナメントで、一回戦村山慈明五段二回戦村中秀史と良い将棋の内容で勝ち進んでいる注目の金井恒太。今日の対戦相手は、二年連続優勝を果たしている佐藤康光。現代将棋最強の一角との対戦です。
戦いは、相矢倉となりました。後手となった金井は竜王戦での渡辺明竜王が採用した5三銀早繰り出し戦法を採用、先手佐藤の対応が注目されました。
かくして佐藤は、序盤早々▲7五歩と7筋の位を取る趣向を見せ後手の対応を伺います。金井は若手らしく積極的な攻め。一時は佐藤の的確な受けに攻めあぐねたかに見えましたが、端歩交換から一歩を手持ちに出来て際どく攻めを繋ぎます。
しかしながら百戦錬磨の佐藤、▲8六銀と投資してがっちり受けたのが、最強の受け。以降後手の攻めは受けきられました。
「負けました」ときっぱりと告げて深々と頭を下げた金井。きっと貴重な体験となったのでしょう。
負けましたが素晴らしい応酬を見せた金井、これからも活躍が期待されます。

[対局録画Video] ⇒ こちら

|

« 綿矢りささん、アジア文学フォーラム参加と新作「しょうがの味は熱い」発表 | トップページ | 韓国味工房赤坂 EIKO様、ごちそうさまでした! »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/43924957

この記事へのトラックバック一覧です: NHK杯将棋 佐藤康光 vs 金井恒太、最強の受けで金井の強攻を抑える:

« 綿矢りささん、アジア文学フォーラム参加と新作「しょうがの味は熱い」発表 | トップページ | 韓国味工房赤坂 EIKO様、ごちそうさまでした! »