« 「真名カントリークラブ」でのゴルフと「きよせ」でのうなぎの日 | トップページ | 博多織デベロップメントカレッジ-福岡人間交差点 »

NHK杯将棋、羽生善治名人vs佐々木慎、素晴らしい速度感覚を羽生が披露

羽生名人に新鋭の佐々木慎さんが挑戦しました。
佐々木さんは、今回のNHK杯で穴熊囲いでの見事な戦い方を披露、高崎一生長沼洋七段そして藤井猛九段を破ってきています。
羽生名人も注目の山崎隆之七段戦を制しての進出。
本局は、先手となった羽生名人の対応が興味深い一戦でした。
戦いは、後手の佐々木慎さんが中飛車から角交換で向い飛車に、そして先手は穴熊に囲いました。後手は、銀を6四から5五と中央に繰り出す急戦の構え。先手に5六歩と突かせて、3九に角を打つ隙を作りましたが、▲3五歩と桂馬の頭が薄くなったところから反撃。その後、後手は飛車を攻めつつ、馬を作りました。
ただ中盤の攻め合いのところで、▲5五歩と速度感覚の優れた歩突きが意表の作戦。解説の木村一基八段も思わず感嘆。
その後も素晴らしい終盤感覚を見せ、新鋭の佐々木慎五段を破りました。

佐々木慎五段は、残念でしたがここまでの戦いはお見事。来期のNHK杯でも活躍を期待しています。

[対局ビデオは、あとでアップ予定]

|

« 「真名カントリークラブ」でのゴルフと「きよせ」でのうなぎの日 | トップページ | 博多織デベロップメントカレッジ-福岡人間交差点 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/43994089

この記事へのトラックバック一覧です: NHK杯将棋、羽生善治名人vs佐々木慎、素晴らしい速度感覚を羽生が披露:

« 「真名カントリークラブ」でのゴルフと「きよせ」でのうなぎの日 | トップページ | 博多織デベロップメントカレッジ-福岡人間交差点 »