« 王将戦第二局羽生vs深浦、羽生の銀を封鎖し深浦が制する | トップページ | NHK杯将棋 佐藤康光 vs 金井恒太、最強の受けで金井の強攻を抑える »

綿矢りささん、アジア文学フォーラム参加と新作「しょうがの味は熱い」発表

Tky200811050126綿矢りささんが、昨年9月29日~10月4日に韓国で開かれた「第1回東アジア文学フォーラム」に出席していたというのを最近知りました。
いくつかの分科会があったようですが、その中で「文学の未来」というテーマに参画したとのことです。
ネットは日中韓3国とも広く普及しており、メディア環境が激変する中での文学の行方を考えるとして、「パソコンを使い始めた時期で、ネットの世界の広さにわくわくした。だが文学と聞いて思い浮かべるのは時を経ても輝き続ける作品。ネット小説は、文学とは別物のジャンルとして進化してゆくのでは」と綿矢さんは話し、ネットがもたらす多様化に期待を寄せたようです。この際の韓国の学生と対話した感想を 文學界のインタビューで率直に述べています。

それと「しょうがの味は熱い」という新作を発表したということも知りました。短編というか中篇?という作品のようで「文学界」二〇〇八年八月号に掲載されたようです。

「しょうがの味は熱い」の主人公は、大学院生の女性です。アパートを借りて一人暮らしをしていますが、会社勤めをしている恋人の部屋で暮らしています。結婚という言葉を使わずに、結婚を意識していることを伝えたいのですが、それがうまく出来ないような時間を過ごしているみたいです。いびきをかいてくれたほうが彼の存在を確認できてうれしいのにと思うくらいに恋人が好きなようです。そんな一人暮らしを始めたり、恋人と同棲するようになってからのヒロインの意識の流れが描かれた作品でした。

彼女の作品の雰囲気や心象表現が気に入っていますので、探して読んでみようと思っています。

|

« 王将戦第二局羽生vs深浦、羽生の銀を封鎖し深浦が制する | トップページ | NHK杯将棋 佐藤康光 vs 金井恒太、最強の受けで金井の強攻を抑える »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

管理人様、突然の書き込み失礼いたします。不適切である場合、お手数ですが削除をお願いいたします。私たちはブラントの時計の真似品をたくさん持っています。値段が安いし、質量もとてもいいです。ご注文をしたい方はうちの会社と連絡してください。詳しいことはこの以下のリンクをみてください。www.flyingzg.jpお問い合わせ sale@flyingzg.jp

投稿: flyingzg | 2009年3月26日 (木) 18時56分

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

投稿: 藍色 | 2014年3月11日 (火) 14時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/43858573

この記事へのトラックバック一覧です: 綿矢りささん、アジア文学フォーラム参加と新作「しょうがの味は熱い」発表:

« 王将戦第二局羽生vs深浦、羽生の銀を封鎖し深浦が制する | トップページ | NHK杯将棋 佐藤康光 vs 金井恒太、最強の受けで金井の強攻を抑える »