« NHK杯将棋 森内俊之 vs 渡辺明、野に下った森内の絶品の強さ光る | トップページ | 枝垂れ梅 @ 真名CC »

信じていた谷川浩司九段の残留、 将棋A級順位戦最終戦

Pn2009030301000931ci0003ほとんど確信に近く信じていましたが、谷川浩司九段(永世名人)が厳しいA級順位戦の残留を決めました。なんと28年間連続の残留。歴代の永世名人を得た棋士は、A級から降りることは暗黙の引退との印籠を渡されてきていたためその去就が注目されていました。
勝負の世界、本当に熾烈な争い。過去のこのような慣習については、別段守り続ける必要はないのですが、ここ二十年以上にわたり羽生善治名人と並ぶ棋界の顔でしたので、本当に計り知れないプレッシャーがのしかかっていたと思います。
しかしそれをあっさりと跳ねつけてしまったのが、やはりと言うか彼の勝負師たる凄さです。これで来期もA級のつわもの達との戦いを楽しめます。これこそファンにとっての最大の楽しみ。光速流にさらに磨きをかけて、素晴らしい棋譜を残してほしいものです。そして名人位復帰を待望しています。

将棋の羽生善治名人への挑戦権を懸けた第67期名人戦A級順位戦の最終戦が3日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、郷田真隆9段が2期ぶり2度目の挑戦を決めた。

 郷田9段は木村一基8段を下し、7勝2敗で首位の座を守った。羽生名人に挑む7番勝負は4月9日、東京都内のホテルで開幕する。木村8段は勝てばプレーオフに持ち込めたが力尽きた。

 残留か降級かで注目された谷川浩司9段は鈴木大介8段に勝ち、4勝5敗でA級残留を決めた。永世名人の資格を持つ谷川9段は敗れると初めてB級1組降級のピンチだったが、これでA級在位(名人含む)は28期連続となる。

[谷川関連記事]
NHK杯将棋 渡辺明 vs 谷川浩司、重厚な角換わり相掛を堪能
NHK杯将棋 谷川浩司九段 VS 橋本崇載七段, これが谷川将棋だ!
谷川浩司さんの「飛翔」藍染扇子と特別号外がおみやげ
朝日オープン将棋選手権の大盤解説会に参加

|

« NHK杯将棋 森内俊之 vs 渡辺明、野に下った森内の絶品の強さ光る | トップページ | 枝垂れ梅 @ 真名CC »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/44238928

この記事へのトラックバック一覧です: 信じていた谷川浩司九段の残留、 将棋A級順位戦最終戦:

» 将棋界の一番長い日・大胆予想 [即席の足跡《CURIO DAYS》]
いやあ、ついにやってきました。A級順位戦最終局です。 去年も、一番長い、かつ素晴らしい一日、A級順位戦が終わって、という記事書きました。 今年は8回戦が終わった時点で、A級順位戦展望と言う記事、書きました。 挑戦権は、郷田、木村、佐藤康の3人の争い。 そして、残留・降格は、三浦、谷川、鈴木、深浦の4人の戦い。 さあ、一番長い一日、どういう結果になるでしょうか? {/apples/}▲郷田(6-2)−△木村(5-3) {/apples/}△佐藤(5-3)−▲藤井(4-4) {/app... [続きを読む]

受信: 2009年3月 4日 (水) 17時41分

« NHK杯将棋 森内俊之 vs 渡辺明、野に下った森内の絶品の強さ光る | トップページ | 枝垂れ梅 @ 真名CC »