« テレビ番組は、関西が圧倒的に面白い! | トップページ | 藤川優里・八戸市議が「美人議員世界一」獲得! »

名人戦第二局、従来の常識を破る謎に満ちた戦い、郷田が制する

はっきり言って、わけのわからない戦いでした。謎に満ちたと言うか、今までの矢倉戦には全く見られない奇抜な変化の一局でした。
対局者二人だけの世界に入り込んだような手が続きました。回りで解説するプロ棋士たちも首をかしげる指し手が何回もありました。
これほど対局者の自戦記を読んでみたいと思わせる対局はありませんね。
まだ棋譜を味わっていない方は、こちらに第67期名人戦七番勝負第2局棋譜の再現がありますので、じっくり鑑賞してみてください。

せめてもnanaponさんが大盤解説の様子をアップしてくださっていますので、ご参考までに。

戦い終わった直後のお二人も、精魂尽きたという感じですね。もっとじっくりと棋譜を鑑賞した後に、自分なりのコメントを書ければと思っています。
このシリーズ、熱戦が続きそうですね。

先手:羽生 善治名人
後手:郷田 真隆九段

▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲6六歩 △6二銀 ▲5六歩 △5四歩
▲4八銀 △4二銀 ▲5八金右 △3二金 ▲7八金 △4一玉 ▲6九玉 △5二金
▲7七銀 △3三銀 ▲7九角 △3一角 ▲3六歩 △4四歩 ▲6七金右 △4三金右
▲3七銀 △6四角 ▲6八角 △3一玉 ▲7九玉 △7四歩 ▲8八玉 △2二玉
▲4六銀 △5三銀 ▲3七桂 △9四歩 ▲1六歩 △1四歩 ▲2六歩 △2四銀
▲3八飛 △8五歩 ▲1八香 △4二銀 ▲9六歩 △3三桂 ▲6五歩 △7三角
▲6六銀 △8六歩 ▲同 歩 △9五歩 ▲同 歩 △同 香 ▲9六歩 △同 香
▲9七歩 △同香成 ▲同 桂 △8四歩 ▲9六香 △7二飛 ▲8七玉 △4五歩
▲同 桂 △同 桂 ▲9四歩 △9五歩 ▲9三歩成 △同 桂 ▲9五香 △9二歩
▲9四歩 △8三桂 ▲9六玉 △9五桂 ▲4五銀 △4四歩 ▲5四銀 △同 金
▲4六桂 △4三銀 ▲2五歩 △同 銀 ▲9三歩成 △同 歩 ▲3五歩 △5三金
▲5五歩 △4五歩 ▲3四桂 △3一玉 ▲8五歩 △8一香 ▲8四歩 △8五歩
▲同 桂 △8四角 ▲9四歩 △同 歩 ▲8六角 △5二歩 ▲5四歩 △同 銀
▲4四桂 △6四歩 ▲同 歩 △3七歩 ▲6三歩成 △同 銀 ▲2八飛 △6六角
▲同 金 △8四銀 ▲8三歩 △同 香 ▲3二桂成 △同 玉 ▲9七玉 △8五銀
▲5九角 △8六歩 ▲8八歩 △9六銀打 ▲9八玉 △8七歩成 ▲同 歩 △同桂成
▲同 金 △9五桂 ▲7七金 △8六銀 ▲同 金 △同 香 ▲同 角 △8七銀成
▲8九玉 △7七桂 ▲同 角 △同成銀 ▲4四桂 △4三玉 ▲3二角 △4四玉
▲5六桂 △3五玉 ▲3六歩 △同 玉 ▲2七銀 △4七玉 ▲4九香 △5七玉
まで152手で後手の勝ち

|

« テレビ番組は、関西が圧倒的に面白い! | トップページ | 藤川優里・八戸市議が「美人議員世界一」獲得! »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/44757002

この記事へのトラックバック一覧です: 名人戦第二局、従来の常識を破る謎に満ちた戦い、郷田が制する:

» 名人戦第二局大盤解説会 [即席の足跡《CURIO DAYS》]
今夜、行ってきました。 連盟以外の解説会は、去年のこれとこれに行っただけだから、今回が三回目。 たいがーさんをはじめ、いつものメンバーも皆、朝日新聞の解説会に集まりました。 解説は飯島六段、聞き手鈴木環那女流初段。 飯島六段は初めてだったけど、すごく好感持てました。 環那ちゃんの聞き手としての実力はもう鳴り物入りだけど、いやあ、彼、すごいです。 しゃべりもうまいし、サービス精神は旺盛だし、自虐ネタも含め、自分の自慢や失敗談も含め、全く飽きさせません。 20代で羽生名人に勝ったのは、渡辺竜王を... [続きを読む]

受信: 2009年4月25日 (土) 17時08分

« テレビ番組は、関西が圧倒的に面白い! | トップページ | 藤川優里・八戸市議が「美人議員世界一」獲得! »