« 「手紙」 東野圭吾原作 | トップページ | 全英女子オープン、いよいよ開幕 »

「南京!南京!」(City of Life And Death) by 陸川監督

2009041300000035scncnview000旧日本軍による南京虐殺(このように表現しているのは中国側で、日本では南京事件と表現しています)を扱った映画2作が4月下旬に中国で封切られていて、まずまずの興行成績を収めているようです。
rtf自身、2005年に数回南京を旅する機会があり「君は南京を見たか」という記事を書きましたが、それ以来南京という都市は身近に感じていました。訪問前に、知人から「南京では日本人は特に行動に気をつけるように」というような忠告を受けていましたが、実際に訪れてみると他の中国の都市と全く変わらず、日本の軍隊の過去の行動を今でも引きずっているようなことは一切感じませんでした。
ただ、元々の中国の戦争の歴史遺産として、街全体を囲う城壁が張り巡らされており、明るい古都にも流血で刻まれた過去が垣間見れるのでした。

1937年12月、日本軍による南京攻略が始まった。多くの国民党の兵士が壊走してゆく中、投降を拒否して南京に留まった兵士もたくさんおり、南京のあちこちで絶望的かつ悲惨な抵抗が繰り広げられた。その中に国民党の精鋭部隊の一員であった陸剣熊もいた。しかしながら抵抗は失敗に終わり、中国人の血によって長江が染まった後、南京は陥落して死の地と化した……

この作品を描いた陸川監督というのは、現在中国の人気監督のようですが、その忙しい中で四年にも渡ってこの作品を作り上げたとか。この作品への思い入れが強烈で、自身も特にリュウ・イエの役が銃殺されるシーンで涙が出るということです。

中国人のブログでのこの映画の評判ですが、冷静なものが多いようです。記録的に正しいか脚色されているのかという点は、映画個々の監督の思い入れが入っており、色々な観点の見方があって当然ですし、見た観客の感想も様々でよいでしょう。それよりも歴史を埋もれさせずに世代世代で語り継ぐことのほうが大切だと思います。

日本では、同じように南京大虐殺を描いたドイツ人監督による作品、『ジョン・ラーベ』が上映禁止となっているそうです。一部の勢力に気を使ってということのようですが、そんなことでいいのでしょうか? 日本も言論の自由が脅かされてきているとしたら由々しき問題と思います。

南京!南京!
英語題:City of Life And Death
プロデューサー:韓三平
監督:陸川
キャスト:
劉燁  陸剣熊役
高圓圓 姜淑雲役
范偉  唐先生役
中泉英雄 角川役
秦嵐  唐太太役
江一燕 小江役
姚笛 唐小妹役


|

« 「手紙」 東野圭吾原作 | トップページ | 全英女子オープン、いよいよ開幕 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

事実はひとつ

投稿: 読者 | 2009年6月 8日 (月) 06時54分

*ス.ザ.ン.ヌ 元.彼とのラ.ブ.ラ.ブ.動.画.流.出!(画.像あり) *

伸.介とさ.ん.まをとりこにした動.画・画.像もあるよ
http://vysgdy3.blog46.fc2.com/blog-entry-1.html


ヘキサゴンの出演で一気に注目を集めたス.ザ.ン.ヌは、かなり荒れていたらしく特に中学時代にはウ.リ(援.交)も経.験していたとか。。。!?

http://vysgdy3.blog46.fc2.com/blog-entry-1.html

投稿: *ス.ザ.ン.ヌ 元.彼とのラ.ブ.ラ.ブ.動.画.流.出!(画.像あり) * | 2009年6月21日 (日) 13時41分

お元気ですか‥?
更新されてなぃので‥とても心配です。ブログ更新楽しみに待っていますね。('-'*)

投稿: シェリー | 2009年7月 8日 (水) 16時36分

シェリーさん、こんばんは

rtfはここにいます^^

実は、技術的なトラブルでブログの書き込みができない状態に陥っています。
今月中には、回復すると思っているのですが...

書くことは、たくさん溜まっていますので、かなりフラストレーションが溜まっています。

コメント欄には書き込んで行けそうですので、回復するまで時々書いて行きます。よろしく!

投稿: rtf | 2009年7月 8日 (水) 21時43分

よかった‥
お返事いただけて嬉しかったです(*^o^*)
凄く安心しました。このまま いなくなってしまわれたら‥(T_T)って思ってました。
早く回復するといいですね!
それまでちょくちょく のぞきにきます(*^^*)

投稿: シェリー | 2009年7月10日 (金) 20時53分

こんにちは、

昨日は船橋市のIKEAに行ってきました。ご存知のスウェーデン発のホームファニッシングストアー(家具ショップ)ですが、規模も大きいですが取り揃えている商品が日本のものとは一味違っていて、見ているだけで楽しかったです。

もともと探していたダイニングテーブルに代わるワークベンチとサイドテーブルそれと香りろうそく等々、買いました。

材料・部品が倉庫に積んであって自分で揃えるのですが、ナンバリングされていて見つけるのも簡単です。

それとダンボールがほとんど使われていないので、かさばるゴミが出ないのもポイントが高いですね。
作りやすい設計になっていて、この点ニトリとちょっと違いますね。

また入って見たいと思わせますね。

そうそう、コーヒー豆も激安だったんですが、買ってくるの忘れてしまいました...

投稿: rtf | 2009年7月12日 (日) 13時08分

スウェーデン家具ってきっと素敵なんでしょうね(*^^*)

千葉は16年くらい前にディズニーランド行ったきりです☆

今日は皆既日食ですね☆神秘的です☆

投稿: シェリー | 2009年7月22日 (水) 08時47分

シェリーさん

皆既日食、会議中で見そびれました。会議に出ていなかったメンバーは外に出て、見ていたということで、ちょっとムカツキましたよ。

16年くらい前ですか、千葉は意外と大陸的でゆったりとしたところです。 ディズニーランド付近は、千葉というよりもかなり東京色ですね。

投稿: rtf | 2009年7月22日 (水) 22時21分

こんばんゎ(*^^*)
皆既日食 私も途中見迄しか見れなかったんですョ☆
滋賀は薄雲が空一面にかかっていて、雲の切れ目から太陽が顔をのぞかせて雲にまた隠れる時
三日月に太陽が欠けていくのを見ました。
本当に不思議な感覚でした(*^^*)

投稿: シェリー | 2009年7月24日 (金) 00時20分

皆既日食 アジアの国々では色んな言い伝えがあるようで、インドでは妊娠している女性が見てはいけないそうです。見てしまうと生まれてくる赤ちゃんが女の子の場合、体にmark(斑点?)が出来るとか。それと日食の最中は、ガンジス川で身を清めると長生きするとも言われているようで、たくさんの人が川に殺到したようですね。

それと中国では、Heavenly dog(って獅子かな)が太陽に噛み付くのが日食とかで、皆で追い払うお祈りをするんだとか。(NY Timesななめ読みからなので、ちょっと違っていたらゴメンナサイ)

日本にもなにか風習はあるのかな?

投稿: rtf | 2009年7月24日 (金) 00時40分

こんばんゎ(*^^*)
日本の風習はよくわかりませんが、動物たちには 本能的な異変があるそうです。
例えば ある皆既日食ではペンギンがいっせいに眠ってしまった。とか‥。TVで見ましたが、凄く不思議でした。でも眠っているペンギンたちは凄く可愛いかったです。
解明できない不思議がいっぱいありますね(*^^*)
本当に宇宙は神秘的です。

投稿: シェリー | 2009年7月24日 (金) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/45018008

この記事へのトラックバック一覧です: 「南京!南京!」(City of Life And Death) by 陸川監督:

« 「手紙」 東野圭吾原作 | トップページ | 全英女子オープン、いよいよ開幕 »