« 東アジアの政治は、日中の理系リーダーの手に委ねられる | トップページ | 鳩山由紀夫内閣、記録のためにリンクを張っておきます »

日本将棋連盟米長会長の提案

「本日(2009年9月9日)米長会長はLPSA代表理事中井広恵様宛、下記の要旨のお手紙を差し上げました。ネット上の公開を前提としたものです」から始まる日本将棋連盟米長会長の「会長の提案」なる文書が公開されました。
どうもLPSAと日本将棋連盟の間に、誹謗中傷、悪宣伝、いじめ等々が存在するということを前提とした半ば提案というよりも脅迫文ともとらえられる文面。
その事実関係はわかりませんが、なんとなく宗教法人の分家騒ぎのような怪文書。米長会長とは今年複数回お目にかかっていますが、その限られた会場での発言とこのようなネットで公開して公に発言することと、なんとも見境がなくなっているように感じますよ。(一公の将棋雑記さんによると将棋連盟側からのいやがらせともとれる行為がいくつかあるようです)

将棋界において影響力と権威が圧倒的に異なる日本将棋連盟からLPSAに対して上記書面が出されるのは、パワーハラスメントとも考えられる可能性があります。

このような文書を出さなければならないということは、自身の影響力・指導力の限界を示すものであり将棋ファンの目からは嘆かわしいものとしか写りません。優れた棋士の団体の代表者としてなんとも不釣合い。米長将棋を愛したものとして、ここ二三年の彼のLPSAに対する対応はとても残念でなりません。

LPSAは、経営的な厳しさは続いているでしょうけれどその活動には自由度が増しているようにおもえ、なんとなく社会主義から開放された東欧の輝きにも似ています。
同郷でもある中井広恵さんには是非がんばって持続力のある経営を進めていってほしいものです。応援しています。
 

|

« 東アジアの政治は、日中の理系リーダーの手に委ねられる | トップページ | 鳩山由紀夫内閣、記録のためにリンクを張っておきます »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/46193492

この記事へのトラックバック一覧です: 日本将棋連盟米長会長の提案:

» 将棋界近況9.13 [即席の足跡《CURIO DAYS》]
このところの将棋ネタです。 {/star/}竜王戦、挑決3番勝負。 森内九段が深浦王位に勝って、今期の竜王戦は、渡辺vs.森内に決まりました。 渡辺竜王側からすると、5期前に、初のタイトルを奪取した相手との再戦です。 逆に森内九段からすれば、自分から初めてタイトルを奪っていった伸び盛りの若者が、羽生も佐藤も軒並み続けてやっつけて、一気に永世位まで登りつめてしまったアメリカンドリームのような相手に対して、積年の恨みをぶつけるチャンスです。 そして、去年から一年以上も無冠でいることも本人としては忸怩た... [続きを読む]

受信: 2009年9月14日 (月) 00時57分

» 会長の提案について [中野ブロードウェイ在住者の日常と仕事と趣味の備忘録]
ええっ? [続きを読む]

受信: 2009年9月15日 (火) 20時25分

» 銘駒図鑑に掲載される [しろねこブログ]
銘駒図鑑という駒専用のサイトに筆者の所有する5組の駒が掲載された。管理人の宮田梅 [続きを読む]

受信: 2009年9月27日 (日) 19時47分

« 東アジアの政治は、日中の理系リーダーの手に委ねられる | トップページ | 鳩山由紀夫内閣、記録のためにリンクを張っておきます »