« ヴォーカル・グループAji @ 日比谷パティオ | トップページ | 第一局から白熱の名局、竜王戦渡辺竜王が比叡山で凱歌 »

第22期竜王戦七番勝負第1局、比叡山延暦寺にて始まる

個人的には、昨年の対羽生戦よりも注目している渡辺明竜王vs森内俊之九段の七番勝負が、地元滋賀県の比叡山で始まりました。
なんで比叡山?という気もするのですが、やっぱりパリよりも将棋には似合っていますね。ただ渡辺竜王にとっては少し鬼門のようです。というのも比叡山に車で上がるには九十九折で竜王は車酔いをしやすいんだとか。出町柳方面から京福電鉄のケーブルカーで登頂するルートもあるんだけどと余計なお世話まで考えてしまいました。
まぁ前夜祭の様子などを写真で見ると二人とも元気で闘志満々のようで安心しました。

さて第一局の流れですが、角換わりの同型になる流れの途上で先手森内俊之九段が▲2五歩と飛車先を伸ばしてさらに▲6六銀と積極的に駒を進めていきました。
この辺り定石から変化する流れは森内の想定路線と思われます。対する後手の渡辺明竜王は、岐路の局面で駒を引く応対。角換わりは受け切れるという力を誇示するような対応。一例が図の6三銀引きです。

Ryuou200910141_34_3

さらに封じ手直前に△5二銀ともう一度引いた手もなかなかの好手ということで、一日目は互角の別れのようです。
どうもこの対局の流れですが、2009年2月22日のNHK杯での二人の対局"野に下った森内の絶品の強さ光る"に似ているように思えます。ほんの少しの疑問を果敢に咎めようと居玉のまま急戦矢倉で先攻した森内そして凌ぎに回る渡辺。細かい駒の利きと大ゴマの派手な動きが織り成す激しい熱戦でした。
その連想から否が応でも明日の進行が気になります。比叡の夜をゆったりと過ごして、白熱した戦いを期待しています。

Ryuou200910141_50_2

立会 福崎文吾九段
解説 藤井猛九段
記録係 竹内貴浩三段

ついでに、食べ物では牛タン・ムール貝・エビフライが好きという森内俊之九段のインタビュービデオ(08年のビデオ)がありましたので熱戦のサイド情報にアップしておきます。


by 無料動画辞典

さらにクイズでアタック25にも出演していたようで、貴重な映像がありました。

by 無料動画辞典

|

« ヴォーカル・グループAji @ 日比谷パティオ | トップページ | 第一局から白熱の名局、竜王戦渡辺竜王が比叡山で凱歌 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/46485001

この記事へのトラックバック一覧です: 第22期竜王戦七番勝負第1局、比叡山延暦寺にて始まる:

« ヴォーカル・グループAji @ 日比谷パティオ | トップページ | 第一局から白熱の名局、竜王戦渡辺竜王が比叡山で凱歌 »