« 竜王戦第3局、現代将棋における課題局面へ一直線 | トップページ | NHK杯将棋、ネット最強者決定戦と同カード : 山崎七段vs木村八段 »

異次元の読み、竜王戦第3局、渡辺竜王が森内九段を下す

Photo

「やってみたい形だったのですが、自玉がずっと怖い形なので形勢は難しかったです。定跡化されているので、こういう形になるかと思っていたのですが。△7九銀の寄せが見えて、良くなったかなと思いました。次も、一生懸命やるだけです。」(渡辺明竜王)

「封じ手あたりで間違えたのかもしれません。▲2四歩と打っていった方が良かったかもしれませんが…よくわからないですね。興味がある形だったのですが、正しく指せませんでした。」(森内俊之九段)

終局後、二人が口にした観想の言葉でした。
「やってみたい形だった」「興味がある形だった」という言葉に、棋士の純真さを感じます。前記事でも書きましたが、この形は本当に将棋好きの好奇心をくすぐる手順だと思います。

対局二日目、83手目の封じ手がようやく前例の無い変化に導きます。指されてみれば森内らしい守りに重心を置いた手。その後も的確な手で後手王に迫る先手の差し回しで、後手の王は丸裸。控え室の評価も先手乗りだったのですが、それを粉砕する妙着が登場します。

Photo_3

ひとつめが88手目の△5五馬と引いた手です。この手は詰ましている飛車をどうぞお逃げくださいと言っている手で、しかもその前の手が飛車を詰める△3九歩成でしたからなおさらでした。
さらに驚愕だったのが、上図の△7九銀! 自宅解説の安用寺孝功六段が感想を記しています。

本局、一番のインパクトは96手目△7九銀(図)です。  寄せに入る場合、銀、桂、歩と持っているなら、普通銀はとどめに残し、桂と歩で何か手を作ってと組み立てるのがセオリーです。△7九銀は全くの逆ですし、しかも自玉が裸ならなおさらです。3三角が迫っているうえ、さらに銀を渡してしまいます。そんな状況でこの一気の寄せはすごいとしか言いようがありません。部分的に筋は見えたとしても、この局面では・・とつい打ち切ってしまいそうです。さすがの森内九段もこの銀打ちには一発KOだったのではないでしょうか。  玉の堅さに差があり先手有望かと思ってましたが…。竜王の正確な読みには脱帽です。

谷川・山崎・阿部・大野・戸辺といったそうそうたる控え陣の誰もが一秒も考えなかった妙手で、周囲の形勢評価を一気にひっくりかえしてしまいしまた。
渡辺竜王自身この手の発見に満足したのか、おいしそうにモンブランケーキを頬張るシーンが映っていました。

異次元、という表現がぴったりの差し回しで課題局面をクリアーした竜王。勢いに乗って一気に防衛を決めるのか、森内九段の起死回生はあるのか、第四局に注目が集まります。

[REF] 竜王戦第3局棋譜 @ 東本願寺「渉成園」
 

|

« 竜王戦第3局、現代将棋における課題局面へ一直線 | トップページ | NHK杯将棋、ネット最強者決定戦と同カード : 山崎七段vs木村八段 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

55馬の局面で、39飛と、と金をいったん取る手はありませんか?

投稿: jean-claude | 2009年11月17日 (火) 19時41分

jean-claudeさん

その変化も歩を一枚持てるので、考えてみる価値がある変化だと思います。

ただプロはなるべく可能性を残すような指し方をしますので、39飛というような手を決める指し方は明快に優位という確信が無いかぎり指さないと思います、あくまでも私見ですが。

投稿: rtf | 2009年11月20日 (金) 01時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/46738574

この記事へのトラックバック一覧です: 異次元の読み、竜王戦第3局、渡辺竜王が森内九段を下す:

» ターニングポイント [即席の足跡《CURIO DAYS》]
竜王戦第三局。 自玉はスカスカで不安だらけの中、△7九銀というプロもビックリ!の攻めの一手を繰り出し、渡辺竜王の3連勝。 強いです。 このままスウィープとまではいかないかもしれないけど、 相手になるのは羽生名人しかいないのでは、と思わせるような快進撃。 研究に基づいた渡辺竜王の名局ということになるのでしょう。 ということで、今日はそれとは別のネタ。 ソフトバンクテレコムのウェブマガジン「vivo」のワタシのターニングポイントという連載の最新号。 羽生善治名人の登場です。読み応えあるので見てくださ... [続きを読む]

受信: 2009年11月12日 (木) 15時18分

« 竜王戦第3局、現代将棋における課題局面へ一直線 | トップページ | NHK杯将棋、ネット最強者決定戦と同カード : 山崎七段vs木村八段 »