« 名人戦・順位戦観戦記-C1級 | トップページ | 「駒の音有情」 内藤國雄  »

“出雲のイナズマ”里見香奈が女子高生女流名人! 2人目の10代2冠

女流名人位戦五番勝負の第3局、先手で得意のゴキゲン中飛車で構えた里見香奈が見事な差し回しで清水市代・女流名人を破り念願の名人位を獲得しました。
お互い堅く囲いあう持久戦模様でしたが、桂損を覚悟で飛車を成りこんだ展開が大局観に裏打ちされた的確な打開策でした。さらに駒損が続いていたものの相手の飛車を無力化しつつ玉頭戦に持ち込んだ終盤、自玉に詰みが無いことを読みきって一気に決着をつけました。
今後女流棋界制覇のみならず、男性棋戦での活躍も期待され、彼女を中心に女流棋界が一気に活性化されていくと思います。

将棋の清水市代・女流名人(41)に高校生棋士の里見香奈・倉敷藤花(17)が挑戦している第36期女流名人位戦五番勝負の第3局は、10日午前9時から東京・千駄ケ谷の将棋会館で行われ、午後5時、131手までで先手の里見が勝ち、3連勝で初の女流名人位を獲得した。現役女子高校生の女流名人誕生は、元女流棋士の林葉直子さん以来、2人目。  10代(17歳11カ月)での女流名人獲得は、15歳で獲得した林葉さん、16歳6カ月の中井広恵女流六段に次ぐ史上3位の年少記録。10代の女流2冠は林葉さん以来2人目となる。  里見は島根県出雲市生まれ。森けい二九段門下で平成16年10月、プロである女流2級に昇級。20年に初タイトルの倉敷藤花を獲得、昨年初防衛した。タイトル獲得は通算3期となった。  3月に高校を卒業する里見にとって、女流名人はプロとしての大きな目標。膝にはトレードマークともいえる青いタオルを置き、戦闘モードで女流棋界第一人者の清水に挑んだ。振り飛車党の里見は今シリーズも飛車を中央や7筋に振って戦う得意の戦法をとり、終盤の鋭い攻めから付けられた“出雲のイナズマ”の本領を存分に発揮した。  里見は「目標だった女流名人になれてすごくうれしいです。プロになって約5年ですが、あっという間の気がします」と話した。

[第三局の流れ] 柔らかい手~個人的将棋ブログさん解説

|

« 名人戦・順位戦観戦記-C1級 | トップページ | 「駒の音有情」 内藤國雄  »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/47534830

この記事へのトラックバック一覧です: “出雲のイナズマ”里見香奈が女子高生女流名人! 2人目の10代2冠:

» 拝啓、里見香奈様 [即席の足跡《CURIO DAYS》]
里見女流名人、倉敷藤花さま、 この度は晴れて二冠に輝く女流名人位獲得、おめでとうございます。 第一局の時、あまりの強さにびっくりして書いたのですが、まさにあなたの時代が訪れたのだと思います。 “制服”で女流棋界を“征服”です。 shogitygooさんも、里見香奈女流名人誕生という記事であなたの強さについて分析しています。 (一部引用させてもらいます。) ------------------------------------------- しかし、将棋ファンにとっては、今回の里見香奈は、その... [続きを読む]

受信: 2010年2月14日 (日) 00時03分

« 名人戦・順位戦観戦記-C1級 | トップページ | 「駒の音有情」 内藤國雄  »