« 東京駅に足止め、新幹線大混乱に巻き込まれています @ 東京Station | トップページ | ついに、名人戦記譜速報の有料会員に »

里見香奈さん、女流名人位に王手 地元、快挙に期待膨らむ

Imgp2002_5
里見香奈倉敷藤花が二局目も完勝しました。後手番でごきげん中飛車を選択、先手清水女流名人が果敢に仕掛けてきたのを冷静な対応で応じ、終始リードを保っていました。
この日は、京都から東京へ移動の日だったため途中からN700系の中でネット観戦、缶入りリザーブを飲みながら彼女の素晴らしい差し回しを堪能しました。特に印象的だったのが、先手が金を4七に前進させ攻勢に転じた際に攻防に角の活用を図った一連の手順。(△2五歩~△2四角)ボクシングのカウンターのような流れで的確に相手の攻めを弱体化させました。
男性プロ棋士の解説では、一気に王頭戦に持ち込むのが有力とされていましたが、一歩間違うと自王も危険になるなぁと思っていました。彼女の選択肢のほうが、リスクが少ない対応であり、大一番をリスクマネジメントしながらの大局観は見事でした。

新聞でも地元島根県で、期待が大きく膨らんでいる様子が伝えられています。既に、倉敷藤花というタイトルは獲得していますが女流名人位は最高のタイトル、それも高校生としてですから石川遼クラスのビッグニュースです。
是非地元に持ち帰ってほしいものですね。

清水市世女流名人も、易々とタイトルを手渡すとは思えません。残り三局、素晴らしい戦いが繰り広げられると思います。

 県立大社高3年で棋士の里見香奈・倉敷藤花(17)が第36期女流名人位に王手をかけた31日、地元・出雲市の関係者らは、<高校生名人>誕生に向け、期待を膨らませた。 小学生だった里見さんに将棋を指導した島根棋道会支部の石飛一美支部長(67)は「昔からコツコツと努力するタイプで、ここ1年でさらに強くなった」と感心し、「2連勝しても気負わず、普段の力が出せたら次も勝てると思う。陰ながら応援してます」とエールを送った。 第1局の前に里見さんを校長室に呼んで励ました、同高の木村保孝校長(59)は、2連勝の知らせにホッとした様子。3年生は既に授業がなく、3月5日の卒業式まで里見さんが登校する機会はないが、「ぜひ次も勝って女流名人位を獲得し、卒業式前に報告に来てほしい」と話した。 自宅でインターネットの対局速報を見ていた里見さんの父、彰さん(48)は「(女流名人の)清水さんの中盤の攻めを冷静にさばき、最後まで自分の将棋が指せていた。女流名人位の挑戦が決まって以来、かなりの練習をこなしてきたので、本人も自信を持って指している」と語った。

|

« 東京駅に足止め、新幹線大混乱に巻き込まれています @ 東京Station | トップページ | ついに、名人戦記譜速報の有料会員に »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/47461420

この記事へのトラックバック一覧です: 里見香奈さん、女流名人位に王手 地元、快挙に期待膨らむ:

« 東京駅に足止め、新幹線大混乱に巻き込まれています @ 東京Station | トップページ | ついに、名人戦記譜速報の有料会員に »