« ただ、君を愛してる | トップページ | 論理的なハズなのになんでこんなに自由なんだろう、久保新王将誕生 »

NHK杯将棋, 渡辺明竜王 vs 糸谷哲郎五段、糸谷ワールドに凱歌! 

2010年3月7日、糸谷は名声を全国に轟かせました。糸谷哲郎五段はこのNHK杯トーナメントに一回戦から登場し、中田功七段・谷川浩司九段・鈴木大介八段・森内俊之九段そして準決勝で渡辺明竜王を持ち時間を二分しか消費しないなかで撃破、あれよあれよと決勝に進出しました。

 おかげで久しぶりに放送時間が余り、将棋パトロールかなぁと思っていましたらNHK杯将棋名局選(蛸島彰子女流五段・丸田祐三九段)ということで第一回NHK杯の升田幸三八段と木村義雄名人の決勝戦という歴史的な戦いを楽しめました。ラジオで放送されたとのことで、対局風景が白黒写真で紹介されたのですが、覗き窓から盤を見ながら隣室で解説をするという珍しいものでした。ビデオ装置が普及していない時代だったのでしょうからこのような放送形態になったのでしょうね。このような貴重な番組を楽しめたのも竜王のおかげです。

ところで、解説の阿久津主税七段も将棋世界誌の「真剣勝負! 東西対抗フレッシュ勝ち抜き戦」という企画で糸谷哲郎五段と戦い敗れています。次がトリとして登場する東軍大将として渡辺明竜王!
このNHK杯で糸谷ワールドにはまってしまった借りを返す絶好のチャンス。糸谷五段としては、竜王連破となると一段と名を轟かせる願ってもないチャンス。

将棋世界の売り上げを助ける大一番になりますね、期待しています。

[参考] 「駒の音有情」 内藤國雄 -- 升田幸三さんから"研精不倦覃思惟深"と色紙をもらった....思い出

|

« ただ、君を愛してる | トップページ | 論理的なハズなのになんでこんなに自由なんだろう、久保新王将誕生 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

第1回NHKは昭和27年。高柳や板谷と伝説や師匠になられた棋士は感動です。ここに京須なんてなまえがあればうわああっとなるけど。

最近は里見女流が中学生棋士や女子高生で騒がれたけど、蛸島彰子元女流名人は元祖女子高生棋士でかわいこちゃんだったはずですよ。なんかの雑誌で白黒写真をみた覚えがあるが。

投稿: 将棋の世界 | 2010年3月16日 (火) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/47746600

この記事へのトラックバック一覧です: NHK杯将棋, 渡辺明竜王 vs 糸谷哲郎五段、糸谷ワールドに凱歌! :

« ただ、君を愛してる | トップページ | 論理的なハズなのになんでこんなに自由なんだろう、久保新王将誕生 »