« 音楽誌「アドリブ」、5月号で休刊 37年の歴史に幕 | トップページ | 渾身の一局を制せず初登場吉田正和四段、NHK杯将棋: 対屋敷伸之九段戦 »

新時代を予感させる戦い、NHK杯将棋: 豊島将之五段 vs 澤田真吾四段

第六十回の記念大会となった今年のNHK杯将棋トーナメント、いくつか楽しみな見所があります。
まず驚いたことに有吉道夫九段が予選を通過(阪口悟五段、安用寺孝功六段を連破)して本戦入りしたこと、さらに超女流の里見香奈女流名人も参戦、これは対戦相手も戦々恐々としているでしょう、そして将棋世界で特集を組んだ豊島将之五段がどのような活躍を見せるかです。

その見所のひとつ、豊島将之五段(19才)が早速登場、昨年プロ入りしたばかりの18才の澤田真吾四段との対戦です。
この将棋、腰掛銀からいきなり銀交換の攻め合いになりました。その直後から澤田は気合の入った長考、端正な表情からは想像もつかない強気の攻めを見せました。なんとも言えない五分五分の別れで終盤へ突入、あの豊島相手に堂々とした戦い。
そして一時は優勢になったかと思いましたが、さすがの豊島が際どく勝ちきりました。中終盤での△6六歩、△4七歩、△6七歩、そして再度の△4七歩と、巧妙な歩使いにより相手陣を弱体化させたのが見せ場でした。

二人とも関西に基盤を置き、澤田は谷川・久保といったさばきの系列にはいる戦い方、豊島は山崎に似たバランスのよい戦い方、強い若者が関西から輩出し今後の将棋界の新潮流を予感させました。

今年のトーナメントも楽しみになってきました。

棋譜はこちら

関西新鋭棋士実戦集

|

« 音楽誌「アドリブ」、5月号で休刊 37年の歴史に幕 | トップページ | 渾身の一局を制せず初登場吉田正和四段、NHK杯将棋: 対屋敷伸之九段戦 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

tennisNHK杯始まりました。豊島に糸谷に瀬川。期待です。

投稿: 豊島5段好きです | 2010年4月 4日 (日) 20時54分

こんにちは、そうですね三人とも楽しみですね。
私は中座さんも期待しています。

投稿: rtf | 2010年4月 4日 (日) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/47993694

この記事へのトラックバック一覧です: 新時代を予感させる戦い、NHK杯将棋: 豊島将之五段 vs 澤田真吾四段:

« 音楽誌「アドリブ」、5月号で休刊 37年の歴史に幕 | トップページ | 渾身の一局を制せず初登場吉田正和四段、NHK杯将棋: 対屋敷伸之九段戦 »