« よど号ハイジャック事件 40年目の真相 | トップページ | 讓一切隨風、時の過ぎゆくままに »

【140字レビュー】竜王戦第五局、渡辺竜王が迫力ある終盤を制する

竜王戦第五局、じりじりとした間合いを計った駒組みから雪崩を打ったように一気に激しい終盤へ。名人の攻めの金銀を抑え込んていた役割の▲9七角が絶妙のタイミングで銀と交換され王頭に注がれる。そこからの終盤が見ごたえ十分。名人が優位に立った瞬間もあったが、竜王の懐は広かった。

|

« よど号ハイジャック事件 40年目の真相 | トップページ | 讓一切隨風、時の過ぎゆくままに »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/50205666

この記事へのトラックバック一覧です: 【140字レビュー】竜王戦第五局、渡辺竜王が迫力ある終盤を制する:

« よど号ハイジャック事件 40年目の真相 | トップページ | 讓一切隨風、時の過ぎゆくままに »