« 【140字レビュー】竜王戦第五局、渡辺竜王が迫力ある終盤を制する | トップページ | コンピューターシステム「あから2010」、清水女流王将との戦いを振り返る »

讓一切隨風、時の過ぎゆくままに

コンテンツが世界を駆け巡る時代、あの沢田研二さんの代表曲「時の過ぎゆくままに」が中国語圏の国々の人々を通じて歌い継がれています。「讓一切隨風」、中高年の世代だけではなくこのビデオのような若い世代にも歌われているのを見ると嬉しいものです。カラオケなんかでもよく歌われています。
言語は違っていても、元々の根源は同じ語源なのですから、歌いやすいのでしょうね。
著作権うんぬんの課題はあるとしても、日本の現代の文化が国境を超えて拡大しているのです。
中国語でも歌えるようにトライしましょう。(このビデオでは広東語で歌っていますが)

歌っている閻奕格 (Janice Yan)さんは、ボストン大学の学生、歌手も目指していてコンテストに出場しています。

|

« 【140字レビュー】竜王戦第五局、渡辺竜王が迫力ある終盤を制する | トップページ | コンピューターシステム「あから2010」、清水女流王将との戦いを振り返る »

東アジア特集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/50207561

この記事へのトラックバック一覧です: 讓一切隨風、時の過ぎゆくままに:

« 【140字レビュー】竜王戦第五局、渡辺竜王が迫力ある終盤を制する | トップページ | コンピューターシステム「あから2010」、清水女流王将との戦いを振り返る »