« 今シリーズの流れはいかに、森内九段先勝の今期将棋名人戦 | トップページ | 驚きました、原子力発電は安くない! »

大きな連勝、森内九段が名人戦第二局の急戦矢倉の戦いを制す

名人戦第二局は、森内九段の連勝となりました。前回の第一局のブログで「次の二局目にもし森内が勝つようなことがあれば流れは一気に森内になるだろう」と書きましたが「そんなことを許す羽生とは思えない」とその可能性が低いと考えたのですが、それが現実となりました。
先手の羽生名人が、なんと居玉のまま攻めるという超急戦矢倉、そして一歩も引かない強い受けを森内九段は見せました。すごかったのは、羽生の▲5一飛と相手王に対して飛車を離して打たなかった手、そして森内の△5三金と誰もが予想しなかった際どい受けの妙手、短手数で結果は一方的になりましたが、そこに至る一手一手が思いがけなく見るものを魅了しました。
これで森内の二連勝、一気にシリーズの主導権を握りました。羽生名人がどのように切り返すのか、これはこれでファンにとって楽しみです。

【送料無料】名人を夢みて森内俊之小伝

【送料無料】名人を夢みて森内俊之小伝
価格:1,260円(税込、送料別)

|

« 今シリーズの流れはいかに、森内九段先勝の今期将棋名人戦 | トップページ | 驚きました、原子力発電は安くない! »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196957/51477890

この記事へのトラックバック一覧です: 大きな連勝、森内九段が名人戦第二局の急戦矢倉の戦いを制す:

« 今シリーズの流れはいかに、森内九段先勝の今期将棋名人戦 | トップページ | 驚きました、原子力発電は安くない! »