将棋

北島六段の快心譜、NHK将棋トーナメント北島忠雄六段 vs 屋敷伸之九段

▲北島忠雄六段 vs △屋敷伸之九段の一戦、相掛かりから後手の屋敷九段が中座流を選択、解説は奨励会時代に屋敷と朝まで10秒将棋を戦った経験のある中川大輔八段。北島さんは、おしゃれでハイセンスな印象の先輩だったとか。
 戦いは後手が手筋の端攻めを仕掛けたのに対し、見事な仕返しを見せ先手が有利に。手順に馬を作ることに成功しましたが、相手は屋敷、怪しげな手を連発し先手を揺さぶります。しかしこの日の北島は冷静でした。  最終盤、中川が危険といった手順に踏み込み、相手王を寄せに入ります。際どいながら打歩詰めの変化を避けながら長手順の即詰を読み切り、今期念願のAクラス入りを果たした難敵を打ち破りました。

北島六段の快心譜となりました。

[棋譜] 北島忠雄六段 vs 屋敷伸之九段 (編集中)








| | コメント (0) | トラックバック (0)

大きな連勝、森内九段が名人戦第二局の急戦矢倉の戦いを制す

名人戦第二局は、森内九段の連勝となりました。前回の第一局のブログで「次の二局目にもし森内が勝つようなことがあれば流れは一気に森内になるだろう」と書きましたが「そんなことを許す羽生とは思えない」とその可能性が低いと考えたのですが、それが現実となりました。
先手の羽生名人が、なんと居玉のまま攻めるという超急戦矢倉、そして一歩も引かない強い受けを森内九段は見せました。すごかったのは、羽生の▲5一飛と相手王に対して飛車を離して打たなかった手、そして森内の△5三金と誰もが予想しなかった際どい受けの妙手、短手数で結果は一方的になりましたが、そこに至る一手一手が思いがけなく見るものを魅了しました。
これで森内の二連勝、一気にシリーズの主導権を握りました。羽生名人がどのように切り返すのか、これはこれでファンにとって楽しみです。

【送料無料】名人を夢みて森内俊之小伝

【送料無料】名人を夢みて森内俊之小伝
価格:1,260円(税込、送料別)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今シリーズの流れはいかに、森内九段先勝の今期将棋名人戦

森内が初めて名人を獲得した2002年の第60期から毎年羽生か森内が名人戦に登場している。この2強を軸に激しい名人争いが10年近く続いているといえる。第60期から森内は5期、羽生は4期、名人位についている。
今年の流れとしては、渡辺竜王が登りつめてくる可能性があったが、それを阻止し二人の永世名人が直接衝突となり、二人の独占の流れを継続させた。
この第一局、面白かったのは控え室の予想が中終盤ほとんど当たらなかったこと。将棋の難しさのひとつに形勢判断があるが、一流のプロであってさえこの二人の次の一手が当たらないというのは理解に苦しんだり、見ていて面白かった。
羽生世代にとって幸運だったのは、羽生だけではなく森内・佐藤を代表に互角の力のある棋士が数名存在していること。これは谷川や渡辺の世代には無い特質。もちろん厳しい競争があったが、切磋琢磨の度合いは果てしなく深いものだった。
その極みがこの一局にあらわれ理解不能状態のHMワールド(Habu Moriuchi)確立に至ったのか?

対戦成績で押されていた森内が先勝したことで、シリーズの興味は一層高まった。次の二局目にもし森内が勝つようなことがあれば流れは一気に森内になるだろうが、そんなことを許す羽生とは思えない。先手が勝ち続け最終局に縺れ込むような激しいシリーズになってほしい。

森内俊之(もりうち・としゆき)九段は神奈川県横浜市出身の1970年10月10日生まれの40歳。勝浦修九段門下。1987年5月、16歳で四段。棋士番号は183。2002年、初タイトルの名人を獲得。2007年、十八世名人の資格を得た。タイトル獲得は竜王1、名人5、棋王1、王将1の計8期。棋戦優勝は12回。A級・名人は連続16期。

羽生善治(はぶ・よしはる)名人は埼玉県所沢市出身。1970年9月27日生まれの40歳。二上達也九段門下。棋士番号は175。
85年12月18日、中学3年の15歳で四段昇段。89年に初タイトルの竜王を獲得。96年2月に史上初の七冠王となった。
2007年12月に最年少、最速、最高勝率で通算1000勝を達成。08年、十九世名人の資格を得た。タイトル獲得は計78期。名人は通算7期。棋戦優勝は計37回。オールラウンドプレーヤーで、さまざまな戦型を指しこなす。名人・A級は連続18期。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽生名人NHK杯史上初三連覇、糸谷五段リベンジならず

Ruru1301192760855羽生名人がNHK杯三連覇を目指し、また昨年の決勝戦でその羽生名人に涙を飲んだ糸谷哲郎五段が「リベンジ」と言葉にして挑んだ決勝戦、将棋ファン注目の戦いとなりました。羽生名人は、あの長沼洋七段との敗戦(2008年2月3日)以来NHK杯では負け知らず、考慮時間の短い対局でこの連勝は信じられない記録だと思います。
糸谷五段も、晴れ舞台で実力を完全に封じられた手痛い敗戦から、虎視眈々今シリーズを駆け上がった精神力は素晴らしいものです。見ごたえ充分の一局の解説は、森内俊之九段、好きな解説者のひとりで舞台装置は万全いざ戦いへ。
一手損角替わりから早繰り銀という布陣、超急戦にも持久戦にも持ち込める幅広い選択肢の戦いになりました。その選択は先手の羽生名人の手にありましたが、後手の王の固め方が難しいと考えたのか急戦を避けつつ好手順で自王の守りを固める持久戦に持ち込みます。しかしながら自玉が十分な囲いとなると一転、持ち角を3七に打ち据え一気に攻めを加速させました。このあたりのスピードを自在に操る術が羽生名人の真骨頂、糸谷五段もその角を逆に攻める中盤に突入しました。一歩も引かない応酬の末激しい駒の交換となりましたが、歩切れの羽生名人、ここから相手の飛車を攻めます。飛車が詰められた糸谷五段は3七にできたと金を引いて飛車金交換に応じつつと金を3五まで引きつけ自玉を手厚くする粘りの形に持ち込みましたが、この構想よりも飛車をひとつ3四に引いて▲4五金に△2三角と打って敵の飛車に狙いをつけて反撃に転じる変化も有力だったのでは?と森内九段の解説、このあたりが勝負の岐路だったのかも知れません。終盤その粘りを強化し一時期糸谷五段に逆転の目もあったようですが、的確に寄せた羽生名人、勝負強さを見せ勝利を勝ち取りました。

NHK杯難攻不落の羽生名人、来シーズンも彼を中心に回るNHK杯になることは確実、打倒羽生を達成する棋士は登場するのか楽しみになりました。
Iuhwcapture20110327113654

このNHK杯戦トーナメント、矢内理絵子さんの司会は前年度に続き2年目を好評の中で終了。強くてさらに美人、将棋ファンにとっては毎週拝顔するのが楽しみでしたね。
さらに今年からは対戦前の対局者にインタビューをするという新趣向を導入、これもまた素晴らしい企画でした。司会は今回で終了し、来期からは対局に専念するのではないか?と思います。(もう一期司会継続ですね)毎週司会をつとめるのはやはり大変だと思いますが、既に見事A級復帰も決めていますし来期は司会と対局の両輪で集中しタイトルをとりにいく活躍をみせていただきたいと思っています。期待していますご苦労さまでした。

Dat1301188375816


続きを読む "羽生名人NHK杯史上初三連覇、糸谷五段リベンジならず"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦節三年、森内九段がA級最終戦を制し名人戦七番勝負に名乗り

第69期将棋名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の最終9回戦全5局は2日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で一斉に指され、森内俊之九段(40)が7勝2敗で羽生善治名人(40)=棋聖、王座=への挑戦権を得た。羽生名人と森内九段はともに永世名人の資格をもつ。有資格者同士による名人戦七番勝負は25年ぶり。4月7、8日、東京都文京区の椿山荘での第1局で幕を開ける。

Aaaa
 挑戦権の可能性があった森内俊之九段と渡辺明竜王、勢いから渡辺竜王が少なくともプレイオフに名乗りを上げるのではないかと見ていましたが、歴代名人の一人丸山忠久九段(40)が名人位の厳しさを示し、A級を一気に通過して名人に挑む高速路線に、見事ストップをかけました。
Aaaa1
 野に下った森内九段の怖さというものを以前指摘させていただきましたが、苦節(?)3年、さすがです思ったよりも短期間で大舞台に舞い戻ってきました。
最終戦で戦った久保利明二冠(35)とは、ここ10局の対戦を見ますとほとんど勝てていなかった相手だったんですね。森内九段としては、珍しく苦手な相手だったのですが、本来の粘り強い攻守を披露、難局を勝ちきりました。(そういえば2008年の近鉄将棋まつりも森内さんと久保さんの記念対局でした)
 驚いたのは、終局後のテレビ画面で見せた疲労の様子。勝利のうれしさが全く見られない疲労困憊の表情、この一局が計り知れない重い戦いだったことを垣間みせました。

Aaaa2
 ファンとしては、もうひとりの渡辺竜王にも勝ってもらい、森内-渡辺のプレイオフを見てみたい気持ちもありました。
例えば二年前のNHK杯将棋準決勝、新旧二人の対戦は一歩も引かない火花が散る急戦矢倉、見ごたえのあるリング中央での打ち合いで視聴者を堪能させた一戦、そのような一局で雌雄を決する一局を期待していました。

来年度こそ、竜王が順位として二番手、本命になり名人に挑むべく期待してやみません。

またA級陥落となった、木村一基八段/藤井猛九段。お二人とも個性的な戦いでファンの多い人気棋士、特に木村八段は先日の朝日オープンで優勝しており、上潮ムードだったのですが、A級戦は一味違う勝負なのですね。A級から外れるのは惜しいお二人ですが、すぐに戻ってこられることを期待しています。


4月からの七番勝負、積年のライバルであり永世名人同士、重厚で重層な戦いを見せてくれることを期待しています。

[参考] 直撃インタビュー! 森内俊之九段


| | コメント (0) | トラックバック (0)

里見香奈女流名人 名局で、防衛成功!

里見さんの名局で名人位防衛。飛車を取り合った際に遊んだ銀を、忙しい応酬の中で引き寄せた一手▲6七銀(85手目)、この大局観が素晴しかった。こんな手が指せたら将棋は楽しい。清水さんも最善の切り込み、清水優勢と思われた終盤でしたが、鋭く切り返し即詰めに討ち取った。祝防衛

[参考] 前期の様子、第36期女流名人位戦五番勝負、第一局里見が石田流で棒金を粉砕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第4回朝日杯将棋オープン戦、木村一基八段が竜王・名人を連破し初優勝

第4回朝日杯将棋オープン戦、木村一基(きむら・かずき)八段が準決勝で渡辺明竜王、そして決勝戦で羽生善治(はぶ・よしはる)名人を連破し見事優勝しました。いままで新人王戦に優勝していましたが、全棋士参加棋戦では初優勝となりました。

準決勝に残ったのは、名人を含むA級棋士同士という重量級の組み合わせとなりました。準決勝は、羽生善治名人(40)―郷田真隆九段(39)、渡辺明竜王(26)―木村一基八段(37)。

この日は、京都に出かける用事があったため、iPhoneからの観戦。準決勝は、渡辺明竜王(26)―木村一基八段(37)に注目、珍しく相矢倉の戦いでしたが、終盤竜王が詰めを目指したのですが、際どくかわし、木村八段が決勝に勝ちあがりました。

決勝は、羽生善治名人(40)―木村一基八段(37)。なんとこの二人は、超一流同士としては珍しく、研究会を一緒に行っているといいます。戦いは角換わりに。そして先手木村の▲9五歩を誘い、後手から攻め込む流れに。渡辺明竜王が大盤解説に呼ばれてから、難解な終盤に。「先手玉に詰めろがかけにくい。端が生きてくるんですね」(行方八段)と、90手を超えても優劣不明。解説出演終了時間となった竜王が、「もっと居たい」と、最後まで延長。▲3六桂△同角成と桂馬をただ捨てし相手の角を逸らしたのが妙手。常に立ちはだかっていた羽生を見事に打ち破りました。

そういえば、準決勝でも「べらんめえ」手つきで歩頭に△8五銀というただ捨て鬼手で一手を稼ぎました。

捨てる神あれば拾う神あり。すごい大熱戦、この優勝は長く記憶に残るでしょう。おめでとう。


木村一基(きむら・かずき)八段:千葉県四街道市出身。1973年6月23日生まれの37歳。故・佐瀬勇次名誉九段門下。97年4月、四段。2007年4月八段。タイトル戦登場は4回。棋戦優勝は新人王戦と今回の朝日杯将棋オープン戦の2回。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

久保2冠、タイトル戦序盤は若手チャレンジャーに対し優勢な勢い

久保利明2冠が、渡辺明竜王・豊島将之六段という次代を担うと目される若手チャレンジャーの挑戦を同時進行で受けていますが、どちらのタイトル戦も白星が先行し、一歩リードし今のところ優位な戦いを見せています。
もちろん、最後まで進まないことには、結果はわからないのですが、挑戦者として駆け上がってきた若手の勢いを止め貫禄を見せたのは事実です。

久保2冠が独自の得意戦法を持っていること、そしてその研究範囲に両挑戦者とも、逃げずに飛び込んでいっていることがこの勝敗の結果になっていると思います。
アーティスティックな久保にとって、秘術を駆使する羽生や佐藤(二人に一日に二回負けた日)よりも、ストレートな戦いで汲みしやすいのでしょうか?

チャレンジャーは対久保の対応策をどのように見せるか、新感覚の秘策はあるのか、それとも定跡からの微調整で細い道を渡り対応するのか、タイトル戦の中終盤が楽しみでなりません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

A級8回戦一斉対局 渡辺明 vs 谷川浩司戦、世代を超えた熱戦を追った

今日、もちろん全ての対戦が将棋ファン注目の戦いですが、当方にとって渡辺-谷川戦が、なんといっても大注目の一番です。 渡辺にとって、森内九段にはすでに勝利を収めおり、今日の谷川、そして最終戦の丸山といった歴代名人を打ち破って、本丸の羽生に挑む。そんな青写真が描かれている道を、想定どおりに歩むことができるのか。 その若武者の野心を打ち砕き歴戦の名人が厳しさを示すのか?自身の若いころの勢いを重ねつつも、その勢いを跳ね返すことができるのか?  世代に渡る熱戦を期待してやみません。
と、名人戦速報サイトに、観戦の見所を書かせていただいた後、渡辺明 vs 谷川浩司戦をライブ観戦してTwitしていきました。以降、列記していきます。

[渡辺-谷川戦:1] ひぇー谷川先生、ゴキ中ですか。意外でした。でも冷静に考えたら選択肢のひとつでしたね。
[渡辺-谷川戦:2] 上座に座る渡辺は、すぐにゴソゴソとティッシュを取り出し、大きく鼻をかんだ...ということです、落ち着いてますね。
[渡辺-谷川戦:3] 本局の観戦記は、毎日新聞が上地隆蔵さん、朝日新聞が大川慎太郎さん....二つの新聞で別々の観戦記が読めるんですね
[渡辺-谷川戦:3A] 後手の飛車が召し取られる変化もあったけど、無事に戻りました。代わりに先手の銀が前進盛り上がり開始。
[渡辺-谷川戦:4] 後手△5四歩と、切った飛車先の歩を打ちました。うーん谷川先生の棋風と合わないように思えるけど、いいのだろうか?
[渡辺-谷川戦:5]歩越し銀には歩で対抗、30手で昼食休憩に入りましたね。渡辺 とんかつ+ライス・味噌汁セット、谷川 肉なん定食(そば)、関西将棋会館の下のレストランのメニューかなぁ?
[渡辺-谷川戦:6] 昼食後、先手渡辺先生、三筋の歩を突きました。谷川先生も躊躇無く同歩、そして同銀、一直線の進行です。
[渡辺-谷川戦:7] 谷川先生、△5四飛車と浮きました、ここまで昨日のC2級で似た手順の将棋があったということです。すごい勉強。
[渡辺-谷川戦:8]谷川先生、 48手目、悠然と端歩を突き越しました。優位を主張しているのか、それとも有効な手が無いのか?
[渡辺-谷川戦:9] お互い位を取り合っています。予想以上に長い戦いになりそうですね。谷川先生が時間を使っているのが気になります。
[渡辺-谷川戦:10] 谷川先生、銀冠に発展させる予定なんでしょうか? 隙が生まれるという声がありますが、なんとなく納得します。 いずれにしろ開戦は遅くなりそうです。
[渡辺-谷川戦:11] 大盤解説の予想通り、谷川先生が飛車を切り、馬をつくり自陣へ。中盤の面白いところで関西将棋会館、盛り上がっていますね。
[渡辺-谷川戦:12] 中盤から終盤に差し掛かって、激しさを増していますね。▲5三歩成り、控え室の検討を上回る手順が出たか? 対局者には違う世界がみえるのだろうか?
[渡辺-谷川戦:13]谷川先生の残留が確定しました、三浦八段が負けたからです。この渡辺戦もいまだ戦いの渦中ですね。
[渡辺-谷川戦:14]ここから自宅twit。どうなっているの、最終盤、116手、後手△8七金、一手すきかもしれないけど、後手王もあやうい。必至逃れの必至がかかったりして。
[渡辺-谷川戦:15] 大熱戦でしたが、渡辺竜王の勝ち、谷川先生力強い戦いでしたが負けました。
1111
振り返ってみて、一番印象的だったのが図の局面。後手の谷川先生が△6七歩と迫ったのに対して、▲8六歩と懐を広げながら将来の王頭攻めも狙った「格調高い」一手。結果的にこの八筋からの攻めが先手を勝利に導いていきました。
終盤はTwitしている暇もなく画面に見入っていました。
さすがにA級のトップ棋士の戦い、含蓄のある手が多く素晴らしい一局でした。楽しめました。谷川先生は「光速ノート」で早速この戦いを振り返っています。(この敗戦を振り返って公表する先生の姿勢に頭が下がります)
渡辺竜王にとっては最終戦の丸山戦、昨年A昇級を決め一期で名人挑戦に名乗りを上げるのか、重大な一局になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[140レビュー] 初手▲6八王 マイナビ女子オープン準決勝 斎田晴子女流 四段-石橋幸緒女流四段

石橋vs斎田戦、宣戦布告初手▲6八王にもたじろがず悠然とゴキ中に組立てる斎田、女流棋会両重鎮による熱戦。マイナビ杯は高賞金でプロなら是非獲得したいタイトル。序盤から力戦になだれ込む。攻める石橋に対して守り駒で反撃の斎田。王が薄くなり強く踏込めず。的確に寄せ石橋が勝利。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧